伝説の名著3部作の凝縮版『最強のコピーライティングバイブル』をさらに凝縮してみた

最強のコピーライティングバイブル

最強のコピーライティングバイブル』は、マーケッターの伝説となっている3部作『ザ・マーケティング【基本篇】』『ザ・マーケティング【実践篇】』『ザ・コピーライティング』『伝説のコピーライティング実践バイブル』のエッセンスをまとめたものです。

ここでは、そのエッセンスをさらに抽出することに挑戦します。

「ターゲット」×「提供価値」

最初に考えなければいけないことは戦略です。戦略とは、限られた経営資源をどこに集中するかです。

そこで、ターゲットを絞ります。誰に向けてコピーを書くかを決めます。なぜ、そのターゲットをねらうのか、そのターゲットでいいのかをよく考えます。

次に、商品がターゲットにどう役立つのか、何を解決するのかを考えます。それが提供価値です。

他社からは得られない独自の価値を持っていることが大切です。

提供価値は最終的にひとつに絞り込みます。捨てる価値を選び、最後に残ったものが、最も重要な価値です。

ターゲットと提供価値について、徹底的に考えます。

「相手の得」と「新情報」

相手の得になるとアピールすることと、新情報を伝えることが、効果的なキャッチコピーです。

また、キャッチコピーには効果を検証済みの型があります。

相手の得

「相手の得」の代表は価格です。価格で訴求するときは5つの型があります。

  1. 「価格」をメインにする
  2. 「割引価格」をメインにする
  3. 「特価品」をメインにする
  4. 「支払いの簡単さ」をメインにする
  5. 「無料提供」をメインにする

その他には、「他に(誰か)」(安い店があれば)という型もあります。

「相手の得」を事実と数字で伝えることは、特に効果的です。

新情報

新情報を伝えるための8つの型があります。

  1. 「ご紹介」で始める
  2. 「発表」で始める
  3. 「発表のニュアンス」がある言葉を使う
  4. 「新」で始める
  5. 「いま、さあ、ついに」で始める
  6. 「とうとう、いよいよ」で始める
  7. 「日付や年」を入れる
  8. 「ニュースネタ風」にする

その他に「役に立つ情報」を伝えたり、「エピソード」を伝えたりする型もあります。

「○○する方法」や「どうやって、このように、どうして」のようにノウハウを伝える型もあります。

「理由、なぜ」「~だから」と理由を伝える型もあります。

仮定の「(もし)~なら、(もし)~しても」を入れるのも新情報を伝える型です。

「アドバイス」とするのも新情報を伝える型となります。

6フレーム

6フレームとは、セールスレターを効果的にするための必須要素です。

書き出し

書き出しでは、相手の好奇心を刺激します。相手のメリット、悩みごとで引き付けます。

書き出しで失敗すると読んでもらえません。

描写や説明

相手にイキイキと商品のイメージを伝えます。頭に絵を描かせます。

大事なところのあらましから、必要に応じて詳細部分へと描写していきます。

動機や理由づけ

商品が相手にどう役に立つのか、どんな悩みを解決するのかを説明します。

保証や証明

こちらの話にウソがないことを証明します。利用者の声の紹介や、満足できないときの全額返金保証などを示します。

決め手のひと言や不利益

いま決めなければ不利になることを説明し、行動を促します。期間限定の割引などを知らせます。

結び

申込方法を伝え、すぐに行動しやすくします。

テスト

キャッチコピーやオファーの効果はテストで確認します。

テストは、2つの項目を組み合わせ、4つのパターンにする方法で行います。4つのパターンを成果の順に並べます。そこから、事実を分析し、ノウハウを磨きます。

おわりに

世界的3大名著4冊合計2000ページを4項目にまとめました。

この記事にコピーライティングのエッセンスのエッセンスが詰まっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。