これに感動していては情けない|『終わった人』 by 内館牧子

老人

終わった人』は、定年を迎えたサラリーマンを描いた小説です。売れているようなので読んでみました。

主人公は、岩手県に生まれ、中学校で「普通のクラス」に振り分けられたことに奮起して、名門の公立進学高校に進みました。高校卒業後は現役で東京大学法学部に入学し、卒業後、国内トップのメガバンクに就職しました。

入行後も出世コースを歩んでいましたが、49歳で子会社に出向となり、51歳で転籍、63歳で専務取締役として定年を迎えます。

この経歴は、どう控えめに見てもエリートコースを歩んでいます。実際、主人公の個人資産は1億3千万円くらいと書かれています。自宅は奥さん名義で、都内でも評価の高いブランドマンションです。

ところが、主人公は51歳で子会社に転籍になったとき、「俺は終わった」と感じます。「あの十五歳からの努力や鍛錬は、社会でこんな最後を迎えるためのものだったのか」と脱力感と虚無感に苛まれます。

これには多くの人が違和感を持つのではないでしょうか?

仮に、主人公がメガバンクの頭取になることだけを目標に15歳から生きてきたとしたら、あまりにも未熟です。仮に、幸運にも頭取になれたとしても、そこで燃え尽きるか、さらなる欲望に突き動かされるだけです。

そのような目標では、人は決して幸せになることはできません。そんなことは15歳にもなればわかるはずです。

普通の人は、思春期になれば、人間は何のために生きているのかと思い悩みます。そして、自分なりの結論を出して大人になります。

受験勉強一辺倒やスポーツ一辺倒や音楽一辺倒で育った人の中には、そのような悩みを持たずに大人になり、大人になってから回り道をする人もいます。

ところが、主人公が受験勉強に舵を切ったのは15歳です。出世だけを目指していたら、このような結果になることはわかるはずです。

むしろ、63歳で国内トップのメガバンク子会社の専務取締役として定年を迎えられたのは、運が良く恵まれていたと考えるべきです。

定年退職のとき、主人公は「定年って生前葬だな」と思います。「明日からあり余る時間の中に身を置かねばならない。死ぬまでずっとだ。」と途方にくれます。

これもあきれた話です。何年も前からわかっていたことです。

その後、いろいろと手を出し、事件が起きるのですが、小説としての体裁を整えるだけの意味しかありません。ネタばれになるので書きませんが、事件の設定も不自然なところが多すぎます。

あとがきにも違和感を感じます。

社会的に「終わった人」になると皆、同じだということです。

社会的に「終わった人」になるのは、亡くなったときではないでしょうか?

社会的に「終わった人」になるのがいつだとしても、そのとき、皆同じでしょうか?

また、「何のためにガリ勉し、あがき、上を目指したのか。もしも『最後は横一列』とわかっていたなら、果たしてそう生きたか。」と書いています。

上にも書いたように、そんなことは思春期の時点でわかっている人が、ほとんどではないでしょうか?

この本が売れているのは、タイトルのおかげだと思います。

また、エリートサラリーマンだった主人公が定年退職後なにもやることがなく、生きがいをなくした仕事人間のみじめさに、カタルシスを感じる人もいるのかもしれません。

主人公と同じような定年前後のサラリーマンが、自分の身に置き換えて読んでいるとは思えません。万が一そのような人がいたら、次の関連記事をおすすめします。

【関連記事】

「引退後は趣味」では虚しくなります

生き甲斐症候群を避ける3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。