コンサルタントの集客の基本!『稼ぐコンサルタントの起業術』

稼ぐコンサルタントの起業術

独立1年目から仕事が途切れない 稼ぐコンサルタントの起業術』は、コンサルタントが独立起業したときの集客方法を説明しています。

ここでは、そのポイントを紹介します。

コンサルタントの起業、5つの勘違い

はじめに、コンサルタントで起業しようとする人が、勘違いしがちなことをあげています。

  1. 元手なしで起業できる
  2. 仕入がいらない
  3. 資格を取れば仕事が入る
  4. 実力さえあれば仕事が入る
  5. 自分の時間を自由に使うことができる

クライアントがコンサルタントに期待する価値は、時間の短縮とお金の節約です。専門家に頼むことで、時間とお金を効率的に使おうとします。

その期待に応えるためには情報が必要です。情報の元手がなければなりません。情報の仕入れも必要です。

また、資格を取れば仕事が入る、実力があれば仕事が取れる、と考える人は多そうです。しかし、資格や実力では仕事は取れません。

ライフプラン

ライフプランの策定は、5年後の未来を想像することからはじめます。5年あれば何でもできそうです。

5年後の未来が決まったら、そこから逆算して、4年後、3年後、2年後、1年後、半年後……とブレークダウンしていきます。

すると、今月やらなければならないこと、今週実行すべきことが見えてきます。

私も5年後を想像しライフプランを書いてみました。

マーケティング、ブランディング、セールス

マーケティングを「自分が持っている商品を欲しいという顧客を、自分の目の前に連れて来ること」と定義しています。

ブランディングとは「ありとあらゆるツールを使って、あなたの信頼性を表現すること」です。セールスとは、「自分の言葉で自分の商品を説明し、契約していただき、お金を受け取る」ことです。

マーケティング、ブランディング、セールスの違いを平易な言葉で表しています。

クライアントを獲得する手法

クライアントを獲得する具体的な手法を10個上げています。

  1. ブログ
  2. SNS
  3. ホームページ
  4. メールマガジン
  5. セミナー
  6. 無料相談
  7. 書籍・業界紙の執筆
  8. プレスリリース
  9. DM
  10. 紹介

ブログはキーワードを使って検索する人をねらっています。

SNSでは見込み客との関係性を築きます。広告にも使えます。

ホームページは、見込み客に送るメールマガジンのメールアドレスを集めるためのものです。

セミナーのあとは無料相談の案内をします。無料相談はメールで行い、セミナー参加者の特典とします。

書籍・業界紙の執筆は大きなブランディングとなります。

プレスリリースは、うまくいけば知名度がアップします。

DMについては、特定のターゲットに個別のDMを送る方法が紹介されています。

紹介はクライアントからではなく、同業者から紹介を受けることのできるコンサルタントをすすめています。

おわりに

独立起業したコンサルタントの標準的な集客方法をコンパクトにまとめています。知っていることが多いかもしれません。意見の違うところがあるかもしれません。それでも、コンサルタントを目指す人は読んでみる価値があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ