iPhone 7 / 7 Plusの各キャリアとSIMフリー、2年間総額比較

iPhone 7

iPhone 7 / 7 Plusの各キャリアの価格が出そろいました。相変わらず、キャンペーンや割引が多く、価格を簡単に比較できません。

そこで、iPhone 7 / 7 Plusの各キャリアとSIMロックフリーの2年間にかかる総費用を比較した表を作成しました。

iPhone 7 / 7 Plusの実質負担金

iPhone 7 / 7 Plusを2年間使ったときの実質負担金を比較しました。Apple Storeで買ったときの本体価格も入れています。

機種 買い方 容量 NTT
ドコモ
KDDI
(au)
ソフト
バンク
Apple
Store
iPhone 7 MNP 32GB 26,568 10,800 10,800 72,800
128GB 38,232 22,320 22,320 83,800
256GB 49,896 34,200 34,200 94,800
新規 32GB 26,568 10,800 10,800 72,800
128GB 38,232 22,320 22,320 83,800
256GB 49,896 34,200 34,200 94,800
機種
変更
32GB 26,568 20,520 20,520 72,800
128GB 38,232 32,040 32,040 83,800
256GB 49,896 43,920 43,920 94,800
iPhone 7
Plus
MNP 32GB 40,176 24,480 24,480 85,800
128GB 51,840 36,360 36,360 96,800
256GB 63,504 48,240 48,240 107,800
新規 32GB 40,176 24,480 24,480 85,800
128GB 51,840 36,360 36,360 96,800
256GB 63,504 48,240 48,240 107,800
機種
変更
32GB 40,176 34,200 34,200 85,800
128GB 51,840 46,080 46,080 96,800
256GB 63,504 57,960 57,960 107,800

ドコモからのお知らせ : iPhone 7およびiPhone 7 Plusのドコモオンラインショップ販売価格 | お知らせ | NTTドコモ

iPhone 7 | 機種代金 | au

機種代金 | iPhone | 料金プラン | モバイル | ソフトバンク

iPhone 7とiPhone 7 Plusを予約注文する – Apple(日本)

通信料

各キャリアおよびMVNOとしてIIJmioの24ヶ月にかかる通信料を比較します。

比較表の作成にあたり、データ通信は5GB/月として、音声通話も使うことを前提としました。ただし、音声通話にかかる料金は比較表に入れていません。

各キャリアの次のサービスを使うことにしました。

ドコモ:カケホーダイライトプラン

au:LTEプラン・LTEフラット

ソフトバンク:ホワイトプラン(i)

IIJmio:ライトスタートプラン(5GB)

下の表の金額以外に、IIJmioでは初期費用として3,240円かかります。

金額は税込金額に統一しています。

NTTドコモ KDDI(au) ソフトバンク IIJmio
168,000 166,416 166,416 57,542

ドコモからのお知らせ : 「カケホーダイライトプラン」を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

LTEプラン・LTEフラット | 料金・割引 | iPhone | au

ホワイトプラン | 料金プラン | モバイル | ソフトバンク

料金・仕様 | 音声通話機能付きSIM(みおふぉん) | IIJmio

割引

ドコモには、他社からドコモに乗り換えた人を対象とした「ドコモにチェンジ割」という割引があります。2016年9月16日(金)~2017年1月9日(月)の期間限定で、850円×12カ月(=10,200円)を割り引くというものです。

このMNPに対する割引は比較表に反映します。

キャンペーン : ドコモにチェンジ割 | NTTドコモ

このほかにも、光回線も使用しているなど、特定の条件を満たしている人だけを対象とした割引があります。しかし、煩雑になるため、比較表には反映させません。詳細はキャリアのサイトを参照してください。

合計

本体価格の実質負担金、24ヶ月の通信料、他社から乗り換えの割引を合計した金額です。

機種 買い方 容量 NTT
ドコモ
KDDI
(au)
ソフト
バンク
IIJmio
iPhone 7 MNP 32GB 184,368 177,216 177,216 133,582
128GB 196,032 188,736 188,736 144,582
256GB 207,696 200,616 200,616 155,582
新規 32GB 194,568 177,216 177,216 133,582
128GB 206,232 188,736 188,736 144,582
256GB 217,896 200,616 200,616 155,582
機種
変更
32GB 194,568 186,936 186,936 133,582
128GB 206,232 198,456 198,456 144,582
256GB 217,896 210,336 210,336 155,582
iPhone 7
Plus
MNP 32GB 197,976 190,896 190,896 146,582
128GB 209,640 202,776 202,776 157,582
256GB 221,304 214,656 214,656 168,582
新規 32GB 208,176 190,896 190,896 146,582
128GB 219,840 202,776 202,776 157,582
256GB 231,504 214,656 214,656 168,582
機種
変更
32GB 208,176 200,616 200,616 146,582
128GB 219,840 212,496 212,496 157,582
256GB 231,504 224,376 224,376 168,582

まとめ

ドコモがすべてのパターンで最も高くなっています。iPhone 6sのときはMNPだけは3大キャリアの中で最も安く設定していました。価格戦略を変えました。

auとソフトバンクはまったく同じ価格です。後から発表したほうが、相手の価格をまねたのだと思います。

IIJmioだと、2年間の総額でauやソフトバンクよりも4万円以上安くなります。

価格について考えるならば、光回線も一緒に使っているユーザへの割引など、ここで考慮に入れなかった割引の影響も大きなものがあります。

あなたがその対象であるならば、その割引を適用できるキャリアが一番安くなる可能性が高くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ