Kindleに望むこと

電子書籍

Kindle Paperwhiteにマンガモデルが発表されました。32GBの容量でマンガなら約700冊保存できます。「快速ページターン」でページめくりのスピードが33%アップし、「連続ページターン」では、画面を長押しすることにより、ページが高速で切り替わります。

マンガを読まなくても、「快速ページターン」や「連続ページターン」は魅力的です。

私は、Kindleを家にいるときはiPad Air、外出先ではiPhone 6 Plusで読んでいます。決して満足していません。そこで、Kindleに望む改善点をまとめてみます。

ブラウジング速度

Kindleの一番の不満は、パラパラとめくるときの速度です。

一度読んだ後に確認するときなど、該当箇所を見つけるため、高速にブラウジングしたい時があります。そんなときKindleは不便です。

あまり早くめくると、固まってしまうことさえあります。

「連続ページターン」が、ページが高速で切り替わりながら、内容を確認できるならば便利です。

「快速ページターン」や「連続ページターン」は、iOSアプリのKindleでもサポートしてもらいたいものです。

画面の大きさ

大型本を固定ページでKindlleにしたものは、小さな画面では見にくくなります。

一画面で見ようとすると、文字が小さくなります。拡大すると、スクロールしながらでないと見られません。

大型本も見やすいように、13インチぐらいのKindleが欲しいところです。

カラー

カラー印刷の本がある以上、カラー画面は必要です。

目次からのリンク

固定ページの本では、目次からでさえ、該当ページに飛ぶことができません。せめて、目次からは、該当ページにリンクを張ってもらいたいものです。

まとめ

「連続ページターン」には期待します。

もし、「連続ページターン」がiOSアプリのKindleでも使えるようになったならば、iPad Proは、画面の大きさとカラーであることを満たします。

Kindleを読むためだけに、iPad Proを買うのはもったいないので、Fireタブレットで上記の仕様を満たすものが出てくることを期待します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。