起業で一番大切なこと

ビル群

起業で一番大切なことは、需要のあることで起業することです。

需要のないことでは仕事になりません。ただし、需要があるかないかは、やってみなければわからない面があります。

だからこそ、良いアイデアを思いついたら、まずやってみることが大切です。

実践派の人ほどうまくいく可能性が高くなります。何回も繰り返せば、いつかはうまくいきます。

やっていれば、お客様が何を必要としているかを教えてくれます。それに合わせて、舵取りと変えていくことができます。

お客様がお金を払ってまでやってほしいことをするだけです。

ただし、切羽詰まった状態の人は、需要がある仕事を見つけると、そこに飛びつくことになります。

すると、ブラック企業に勤めるよりもひどい状態になりかねません。

余裕はどのような場合でも重要です。余裕があれば、ブラックな仕事を避けることができます。

自分で起業するメリットの一つは、仕事やお客様を選べることです。

会社に勤めていてはできません。上司に命じられた仕事を拒否することはできません。ウマが合わないお客様を避けることも許してもらえません。

起業したばかりのときは、頼まれた仕事を断ってはいけないと言う人もいます。一度断ったら次の仕事はもう来ない。頼まれた仕事を愚直に行っていれば、仕事に困ることはなくなると教えています。

余裕のない人はそういう教えに従うしかありません。余裕があれば、仕事やお客様を選ぶことができます。

「好きなこと」「得意なこと」で起業することがよいと言われていますが、需要がないことでは、うまくいくはずがありません。

しかし、「好きなこと」「得意なこと」でなくても構わないということではありません。

「好きなこと」でなくては継続できません。困難にぶつかるとやめたくなります。特に余裕があるときほど、こんなに苦労してまでやる必要がないと考えてしまいます。

「得意なこと」でなくては、競争に勝つことが難しくなります。競争相手のいない市場など滅多に見つかりません。多かれ少なかれ競合相手との競争になります。「得意なこと」であれば、競争にも勝ちやすくなります。

「情熱を感じること」も必要なことです。社会的意義があり、起業を成功させることに情熱を感じるならば、周りを巻き込むことができます。特に実績のない最初の段階では、人は起業の情熱に動かされます。

まとめ

需要のないことでは仕事になりません。しかし、好きなことでないと続きません。得意なことでないと勝てません。情熱を持てることでないと周りの人を巻き込めません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。