不況期の行き詰まりを打破する9つの方法『クラッシュ・マーケティング』

クラッシュ・マーケティング

マーケティングというとなにやら抽象的で、言っていることはもっともだけれども、現実の世界はまた違うということはないでしょうか?

それに対し、本書はマーケティング手法の具体的な適用方法を紹介しています。元になっている考え方は、同じ著者による『ハイパワー・マーケティング』と同じです。

『ハイパワー・マーケティング』で紹介されている「卓越の戦略」「USP」「リスク・リバーサル」などを使っています。『ハイパワー・マーケティング』については、以前、ブログを書いていますのでそちらもご覧ください。

マーケティングの具体的ノウハウ集『ハイパワー・マーケティング』

本書は特に、不況期の行き詰まり要因(スティッキング・ポイント)の解決が中心になっています。

「経済的な危機においては、ポテンシャルを高めるよりも、障害を除去することが必要。また、経済的な危機の中では同じことを続けるのではなく、変えていくこと。それは、最適化の後にイノベーションが続くこと」

これが、本書の基本的な考え方です。ここでは、スティッキング・ポイントを粉砕する9つの方法のさわりだけ紹介します。

1.卓越の戦略

あなた自身を市場で卓越した存在にすることです。そのための15の戦略が本書には紹介されています。

2.販売戦略と広告手法を変革する

コンサルティング営業をはじめることです。広告は、見出し、独自化、信頼性の裏づけ、顧客のリスク低減などの観点から見直します。

3.戦略化、分析、システム化

長期戦略を立てるために、市場調査を行います。それを分析し、戦略をテストし、改良していきます。

4.時間と行動のマネジメント

あなたの時間、労力、機会費用を最も価値のある仕事に振り向けます。それ以外の仕事は、他の誰かに任せます。

5.効果測定とアライアンス

マーケティング投資の費用対効果を測定します。バーター取引は、投資利益率すなわちROI(Return on Investment)の改善に効果的です。

6.リミッターを外す

人と同じことをしていては、差別化になりません。本書には、あなたの行動や思考の制約を破る方法が紹介されています。

7.三つのP

三つのPとは、「卓越(Preeminent)」「先制(Preemptive)」「所有(Proprietary)」です。すなわち、差別化し、競争相手の先をいき、所有権を握って市場を独占することです。

8.マーケティングの活用

潜在クライアントに、あなたのビジネスがクライアントの問題を解決するものであることを知らせます。

9.ジョイントベンチャー

ジョイントベンチャーは、あなたの労力にレバレッジをかけます。自分で何もかもやらなければならないと考えてはいけません。

まとめ

ビジネスの停滞要因であるスティッキング・ポイントを脱却する9つの方法は、具体的かつ詳細に書かれています。これを実行すれば、あなたのビジネスのスティッキング・ポイントを打破することもできます。本書は、マーケティングを実行しようとする人には、必読の書です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。