epubcheckの使い方

煌葉

kindle出版用の電子書籍データをePub形式で作成した際に、作成したデータをチェックするためのツールにepubcheckがあります。Macを普段つかっていない私が、Macでepubcheckを使ったとき苦労しましたので、ここにMacでの使い方を書き留めておきます。

1.Javaのインストール

epubcheckは、Java上で動くツールです。そのため、Javaのバージョン1.5以上のインストールが必須になります。Javaは、次のサイトからインストールできます。

無料Javaソフトウェアをダウンロード

2.epubcheckのダウンロード

次のサイトから、epubcheckのバイナリーファイルをダウンロードします。現在のファイル名は、「epubcheck-3.0.zip」です。

Downloads – epubcheck – Validation tool for EPUB – Google Project Hosting

3.解凍

ダウンロードしたzipファイルを解凍します。

4.ターミナルの起動

Launchpadで、検索窓に「ターミナル」と入力すると見つかります。

5.epubcheckの実行

次のコマンドを投入して、epubchekを実行します。

java -jar b o
 b:epubcheckのバイナリーファイル
 o:チェック対象のePubファイル

具体的には、次のようなコマンドになります。

java -jar ~/epubcheck-3.0/epubcheck-3.0.jar ~/Dropbox/Kindle/sigil/ameblotowordpress.epub

この例は、「epubcheck-3.0」と「Dropbox」のフォルダがホームディレクトリにあるときの例です。「チェック対象のepubファイル」は、「ターミナル」のウィンドウにドラッグ&ドロップしても大丈夫です。

まとめ

epubcheckは、Javaで書かれたコマンドラインツールで、MacやWindowsにインストールして使うものではありません。

解凍したファイルをどこに置けば良いのか迷いましたが、どこでもかまいません。私はホームディレクトリに置きました。ホームディレクトリはユーザ名がついたディレクトリです。ホームディレクトリに置くと「~」が使えるので、「epubcheckのバイナリーファイル」の指定が楽にできます。

また、Macの場合はコマンドを「ターミナル」で動かすことはすぐにわかりましたが、「ターミナル」がどこにあるか最初はわかりませんでした。

コマンド実行時の形式も、きちんと書かれたものがなかなか見つかりませんでした。UNIXのコマンドもうろ覚えの私にとっては、バイナリーファイルやチェック対象ファイルの指定の方法も試行錯誤でした。

epubcheckのようなものは、わかりやすい説明の情報がないことを改めて認識しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ