日本でiPhoneは流行らないと判断した人の間違えたところ

iPhoneに興味を持つ赤ちゃん

iPhoneが発売された当初、日本では流行らないと言っていた人たちがいました。その時の意見が『たった6年前まで「日本でiPhoneは流行らない」と言われていた事実から学ぶこと 未来予測の難しさ、想像力の限界 : 未来を探求するブログ』に掲載されていましたので、興味深く読みました。

iPhoneでなければ受けられないサービスなんてごくごく少数だし、ブラックベリーに至っては… 反対に、特定のキャリアの携帯じゃないと受けられないサービスは山ほどあります。 「ガラパゴス」なりに「進化」しちゃったんですよ。

iPhoneは電話ではなく、ポケットに入るコンピュータです。それがわかっていない人には、アプリを開発すれば、ガラケーでは不可能なことができることを予想できなかったと言えます。

実際に売れているか売れていないかはわからないが、間違いなくiPhoneは日本市場において、重大な欠陥製品であると言わざるを得ない。 正直ものすごくかっこいいし、魅力的だが、おサイフケータイが使えないという一点において選択肢から外れてしまう。

おサイフケータイが使えないからAndroidを選ぶ人もいますが、オートチャージ機能付のICカードであれば、ほとんど同じように使えます。違いは、オートチャージができない場所で残高不足になったとき、ガラケーを操作してチャージするか、チャージ機を見つけるかだけです。

適切にオートチャージの設定を行っていれば、残高不足になることなど、めったにありません。

「慣れたもの」があるところに「慣れないもの」が割り込むわけですから、「慣れたもの」をさらに良くする方向にすべきですし、「慣れないもの」をすんなり受け入れられるようにするのが筋でしょう。

より便利なものが現れた時、便利なものに慣れることは、すんなり受け入れられます。ポケットに入るコンピュータとしてのiPhoneの進歩を予見できなかったのです。

iPhoneを電話だと思うと不便すぎ,物理的に大きすぎて、小さいPCだと思うと今度は制限の多さに絶望させられます。なんでこんな中途半端な代物をありがたがるのか、全く理解できません。

iPhoneは電話ではなく、ポケットに入るコンピュータです。ポケットに入れるために小さくしなければなりませんが、速度や容量が大きくなるばかりでなく、できることもどんどん増えてきます。アプリ次第でコンピュータは進歩することを見落としていたようです。

まとめ

iPhoneとは、インターネットに常時接続したポケットに入るコンピュータです。電話が進歩したものではありません。

コンピュータですから、アプリが増えればいくらでも高機能になります。技術の進歩に合わせて、高速、大容量にもなります。

iPhoneはコンピュータだという本質を見抜けなかった人が、日本でiPhoneは流行らないと判断を誤ったのです。

判断を過たないためには、本質を見抜く力が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。