Windows 10でWindows Updateを実施したらキーボードが反応しなくなった

Windows 10
Microsoft Windows 10 by theglobalpanorama

ノートパソコン(Lavie G タイプZ)をWindows 10 にアップグレードしたら、早速Windows Updateが来ていました。Windows Updateを実施したところ、キーボードとタッチパッドが反応しなくなりました。使えるのは外部接続のマウスだけです。

再起動したら直るかと思い、再起動しましたが変わりません。初期画面でキーボードもタッチパッドも反応せず、外部接続のマウスだけに反応します。クリックするとログイン画面になりますが、キーボードが反応しないためパスワードの入力ができません。

困りました。

復元ができないかと思い調べましたが、Windows 10 の復元方法はわかりません。Windows 8.1 の復元は、起動後にしかできません。おそらく、Windows 10 も同じではないかと推測します。

Windows 7 までは、セーフモードで起動した後、復元ができたようなので、セーフモードで起動する方法を調べました。Windows 10 Insider Previewは、Windows 8.1 と同様の方法でできたことまではわかりました。

しかし、Windows 8.1 のセーフモードは、通常起動の状態でmsconfigか、shutdownコマンドを使わないと起動できません。通常起動ができない状態ではセーフモードの起動ができなくなっています。

Windows 8.1 では高速起動のために変更したということですが、トラブル対応には不便になっています。

いろいろと試しているうちにログイン画面に「コンピュータの簡単操作」のアイコンがあることに気づきました。

そこをクリックし、「スクリーンキーボード」を選択すると、画面にキーボードが表示されます。スクリーンキーボードを使ってパスワードを入力することにより、ログインまではできるようになりました。

「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」から、「このPCを初期状態に戻す」と「Windows 8.1 に戻す」と「PCの起動をカスタマイズする」が選択できます。

ネットで調べた結果、Windows Updateでキーボードが反応しなくなるという現象はWinodws 7でもあったようですが、Windows 10では他にはないようです。

そのため、この不具合は特定の条件だけで発生する不具合だと考え、ひとまずWinows 8.1に戻そうと考えました。

そこで、「Windows 8.1 に戻す」をクリックすると、戻す理由を入力する画面とサポートへのリンクがありました。

サポートへのリンクをクリックするとチャットができました。外部接続マウスとスクリーンキーボードを使ってのチャットはつらいものがありましたが、親切に対応していただけました。

Windows Updateでキーボードとタッチパッドのドライバの不具合が顕在化したのではないかということで、Windows 8.1に戻すという判断を後押ししてもらいました。

Winodws 8.1に戻す操作はあっけなく、「Windows 8.1 に戻す」をクリックし、食事をして戻ると、Winodws 8.1 の起動画面となっていました。

今後はこの不具合が解決したころを見計らって、再度、Windows 10 にアップグレードするつもりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。