iPhone6s / 6s Plusの各キャリアとSIMフリー、2年間総額比較(新カケホ対応)

iPhone6s

iPhoneの費用は、本体価格だけで判断できません。通信料金も高額になります。

そこで、iPhone6s / 6s Plusの各キャリアとSIMロックフリーの2年間にかかる総費用を比較した表を作成しました。

iPhone6s / 6s Plusの実質負担金

iPhone6s / 6s Plusを2年間使ったときの実質負担金を比較しました。Apple Storeで買ったときの本体価格も入れています。

機種 買い方 容量 NTT
ドコモ
KDDI
(au)
ソフト
バンク
Apple
Store
iPhone6s MNP 16GB 10,368 16,080 15,552 86,800
64GB 23,328 28,920 28,512 98,800
128GB 36,288 41,760 41,472 110,800
新規 16GB 25,920 16,080 15,552 86,800
64GB 38,880 28,920 28,512 98,800
128GB 51,840 41,760 41,472 110,800
機種
変更
16GB 25,920 25,800 25,560 86,800
64GB 38,880 38,640 38,520 98,800
128GB 51,840 51,480 51,480 110,800
iPhone6s
Plus
MNP 16GB 23,328 28,920 28,512 98,800
64GB 36,288 41,760 41,472 110,800
128GB 49,248 54,600 54,312 122,800
新規 16GB 38,880 28,920 28,512 98,800
64GB 51,840 41,760 41,472 110,800
128GB 64,800 54,600 54,312 122,800
機種
変更
16GB 38,880 38,640 38,520 98,800
64GB 51,840 51,840 51,480 110,800
128GB 64,800 64,320 64,320 122,800

iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusの販売価格:NTTドコモ

機種代金 | 料金・割引 | iPhone 6s | iPhone | au

機種代金 | 料金・割引 | iPhone 6s Plus | iPhone | au

iPhone 6s、iPhone 6s Plusの価格:ソフトバンク

iPhone 6sとiPhone 6s Plusを予約注文する – Apple (日本)

通信料

各キャリアおよびMVNOとしてIIJmioの24ヶ月にかかる通信料を比較します。

比較表の作成にあたり、データ通信は5GB/月として、音声通話も使うことを前提としました。ただし、音声通話にかかる料金は比較表に入れていません。

各キャリアの次のサービスを使うことにしました。

ドコモ:カケホーダイライトプラン

au:LTEプラン・LTEフラット

ソフトバンク:ホワイトプラン(i)

IIJmio:ライトスタートプラン(5GB)

下の表の金額以外に、IIJmioでは初期費用として3,240円かかります。

金額は税込金額に統一しています。

NTTドコモ KDDI(au) ソフトバンク IIJmio
168,000 166,416 166,416 57,542

iPhone6s / 6s Plusのキャリア別通信料比較

料金・仕様 | 音声通話機能付きSIM(みおふぉん) | IIJmio

割引

各キャリアとも他社からの乗り換えについては割引を実施しています。1年間定額を割り引くという方式です。

NTTドコモ KDDI(au) ソフトバンク
-16,200 -11,208 -11,208

ドコモにチェンジ割 | iPhone | NTTドコモ

auにかえる割スーパー | キャンペーン | au

「のりかえ割」概要:ソフトバンク

このほかにも、光回線も使用しているなど、特定の条件を満たしている人だけを対象とした割引があります。詳細はキャリアのサイトを参照してください。

合計

本体価格の実質負担金、24ヶ月の通信料、他社から乗り換えの割引を合計した金額です。

機種 買い方 容量 NTT
ドコモ
KDDI
(au)
ソフト
バンク
IIJmio
iPhone6s MNP 16GB 162,168 171,288 170,760 147,582
64GB 175,128 184,128 183,720 159,582
128GB 188,088 196,968 196,680 171,582
新規 16GB 193,920 182,496 181,968 147,582
64GB 206,880 195,336 194,928 159,582
128GB 219,840 208,176 207,888 171,582
機種
変更
16GB 193,920 192,216 191,976 147,582
64GB 206,880 205,056 204,936 159,582
128GB 219,840 217,896 217,896 171,582
iPhone6s
Plus
MNP 16GB 175,128 184,128 183,720 159,582
64GB 188,088 196,968 196,680 171,582
128GB 201,048 209,808 209,520 183,582
新規 16GB 206,880 195,336 194,928 159,582
64GB 219,840 208,176 207,888 171,582
128GB 232,800 221,016 220,728 183,582
機種
変更
16GB 206,880 205,056 204,936 159,582
64GB 219,840 217,896 217,896 171,582
128GB 232,800 230,736 230,736 183,582

まとめ

IIJmioだと、2年間の総額で、ドコモのMNPと比較して約1.5万円、機種変更と比較すると4万円以上安くなります。

MVNOのデメリットは、キャリアのサポートする通信機能の一部しか使えないことです。

単純に比較すればMVNOが最も安くなります。

各キャリアの比較では、ドコモが新しいカケホーダイプランである「カケホーダイライトプラン」を発表したため、ほとんど差がなくなりました。それでも、MNPではドコモが一番安く、新規では特にドコモが高くなっています。auとソフトバンクはauの方が少し高くなっています。

価格について考えるならば、光回線も一緒に使っているユーザへの割引など、ここで考慮に入れなかった割引の影響も大きなものがあります。あなたがその対象であるならば、その割引を適用できるキャリアが一番安くなる可能性が高くなります。

【2015年9月17日更新】
ドコモから新しいカケホーダイプランである「カケホーダイライトプラン」が発表されたため更新しました。

【関連記事】

MVNOの通信量と料金の比較表も作りました。

iPhone6s / 6s Plusで使いたいiOS9で使えるMVNOの通信量と料金の一覧表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するための7つのステップ