iOS9でiCloudにバックアップしても、新iPhone / iPadに復元できない場合あり

iOS9

iOS9でiCloudにバックアップして、古いデバイスから新しいデバイスに移行しても、一部のアプリが移行できない現象が見つかっています。

iOS 9 で作成した iCloud バックアップから復元した後で App やデータがなくなった場合 – Apple サポート

iCloudのバックアップが同じモデルのiPhoneやiPadにしか復元できない場合があるということです。

対処法

Appleは影響を受けているアプリをバージョンアップしています。古いiOSデバイスでアプリのアップデートをしてから、再度バックアップからやり直すことになります。

その際に気をつけることは、次の点になります。

アプリを最新にする

App Storeですべてのアプリをアップデートして最新のものにします。

App Storeアプリを開き、右下の「アップデート」をタップして画面を切り替え、アップデート可能なアプリがあれば「すべてのアップデート」をタップします。

バックアップ

設定アプリを開き、「iCloud」→「バックアップ」で、「iCloudバックアップ」がオンになっていることを確認し、「今すぐバックアップを作成」をタップします。

バックアップが完了したら、「前回のバックアップ」の日時を見て、今バックアップしたものであることを確認します。

バックアップが正常に終了していることをきちんと確認します。

新しいデバイスをリセット

新しいデバイスに復元して、アプリがなくなっていた場合には、再度デバイスを初期状態に戻します。このため、新しいデバイスに入れたデータは失われてしまいます。

どうしても必要であれば、別途、データを移さなければなりません。方法はアプリによって異なりますので、別途調べなければなりません。

設定アプリを開き、「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップしてリセットします。

復元

これで、バックアップから新しいデバイスを復元できます。この時、バックアップの日時を見て、復元するバックアップが最新のものであることの確認を忘れてはいけません。

確認

新デバイスで、アプリやアプリのデータが最新のものになっているか確認します。

しかし、これは簡単ではありません。アプリの数が多い場合には、非常に時間がかかります。現実的には、主なアプリだけを確認して終わりにすることになります。

感想

もし、古いデバイスをリセットしてしまったら、アプリのデータは復元できません。

iOS9より前のバージョンで取ったバックアップがあれば、復元できるかもしれませんが、バックアップから特定のアプリのデータだけを復元する方法はわかりません。

通常のバックアップからの復元では、すべてのアプリのデータが、バックアップした時点の状態に戻ってしまいます。

アプリのデータがなくアプリだけであれば、再度、App Storeからダウンロードすることもできます。

この現象は、iOS9で初めて起こった現象ではないと思います。

私も以前同じ現象を経験しています。

たしかiPhone4sからiPhone5に移行したときだったと思います。iPhone5に一部のアプリが移行できませんでした。

その時は、必要なアプリを再度App Storeからダウンロードしました。もう使っていないアプリもたくさんあったため、思い出せないアプリは不要なアプリだと判断しました。アプリのデータもなくなったものがあったと思いますが、重要なものはありませんでした。

このバグは、ユーザーがデータを失う可能性のあるきわめて重大なバグです。Appleはこのようなバグについて、もっと広く注意喚起する義務があります。

このような重大なバグに対して、Apple サポートに載せる程度のことしかしないAppleには失望します。

このようなAppleの製品では、重要な業務を動かすわけにはいかないことを改めて痛感させる出来事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。