iPhone 6s PlusからiPhone SEへの買い替えはあり得ない!

iPhone

iPhone 6s PlusからiPhone SEに買い換えるべき3つの理由 – Engadget Japanese』という記事が目にとまりました。

理由をまとめると次のようになります。

  1. 片手で操作できる
  2. 価格が安い
  3. 性能がほぼ同じ

これは買い替えの理由になるのでしょうか?

片手で操作できる

片手で操作できないことが絶対に許せないという人であれば、ありうると考えられるかもしれません。しかし、そういう人はiPhone 5sを使うはずです。

もちろん、iPhone 5sを使っていた人が、iPhone SEに買い替えることはあります。むしろ、4インチのiPhoneの新製品が出るということで喜んでいることでしょう。

私がiPhone 5からiPhone 6 Plusに買い替えたときは、最初は片手で操作できないため不便かと思いました。しかし、実際に使ってみると、大きな画面で多くの情報を同時に見られる便利さが勝ります。二度とiPhone 5には戻れないと感じました。

価格が安い

すでにiPhoneを持っている人が、価格が安いiPhoneが発売されたという理由で買い替えることは考えにくいことです。

iPhone 6s Plus 64GBのSIMフリーの買取価格は、現在100,000円ぐらいのようです。iPhone SE は64,800円ですから、35,000円ぐらいの現金が手元に残ります。

これがうれしいのでしょうか?

もしiPhone 6s Plusを買ったときに新たにキャリアと契約していると、端末代金の未払い分の支払いが発生します。そうすると手元に残るお金は減ります。

性能がほぼ同じ

これが買い替えの理由にならないことは明らかです。

性能がほぼ同じということは、安いiPhoneに買い替えることを妨げない理由にすぎません。買い替えるための積極的な理由ではありません。

まとめ

iPhone 6s Plusを買ってしまったけれども、片手で操作できないことに我慢ならない人が、iPhone 5sに戻る気にもならなかったところ、iPhone SEが発売されて買い替えようと思っているということでしょうか?

やはり、片手で操作できないことに我慢がならないなら、なぜさっさとiPhone 6s Plusを売ってiPhone 5sにしなかったのか疑問です。

本当にiPhone 6s Plusを持っていて、iPhone SEに買い替えようと思っているのでしょうか?

疑問を感じさせる記事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ