ブロックチェーンの欠点

ブロックチェーン

ブロックチェーンはビットコインの基盤技術として注目を集めましたが、金融業に革命をもたらす技術だと言われています。

しかし、ブロックチェーンには大きな欠点があり、解決の方向が見えていません。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、中央のサーバーでデータを管理せず、世界中のコンピュータにデータを分散させることで、データの破壊・改ざんを防ぐ技術です。

お互いに信頼関係が確立していない不特定多数の間で、権利の移転を管理することができます。

例えば、Aさんから赤の他人のBさんにビットコインを渡すとき、世界中のコンピュータでそれを記録することにより、取引データを管理します。

ブロックチェーンのデータを持つコンピュータをすべて同時に破壊しない限り、データを消滅させることはできません。

一部のコンピュータが破壊されただけでは、複製しながら復旧することができます。

ブロックチェーンと集中処理の違い

従来の銀行や証券会社のシステムでは、中央で集中してデータを管理することにより、利用者はお互いに信頼関係がなくても取引を行うことができました。

しかし、中央の管理者は巨大なシステムを運用しなければならないため、取引時の手数料が必要でした。

ブロックチェーンでは、利用者それぞれが取引データを管理します。取引が行われると、その事実を全利用者に同報送信します。そのデータを受信した利用者は、自分の取引データにその内容を反映します。

仮に、悪意を持った利用者が偽の情報を送信しても、分散管理されている取引データとの間に不整合が発生するため、見つけ出すことができます。

ブロックチェーンは、中央でデータを管理する巨大なコンピュータシステムを不要にするため、金融業に革命をもたらすと言われています。

ブロックチェーンの欠点

画期的な技術と思われるブロックチェーンですが、欠点があります。

データの巨大化

ブロックチェーンは、すべての取引をすべての利用者のコンピュータで管理します。そのため、そのデータは取引が行われるたびに大きくなっていきます。

そのデータは世界中のネットワークを飛び交い、世界中のコンピュータで照合され、世界中のコンピュータで更新されます。

取引量が増えていった場合、何年後かには莫大な量のデータが、ネットワークを飛び交い、コンピュータで処理されることになります。

ブロックチェーンの巨大化とネットワークやコンピュータの高速化・大容量化の競争です。ブロックチェーンの巨大化が勝ってしまったとき、ブロックチェーンは破たんします。

ネットワークやコンピュータの高速化・大容量化は、過去、加速度的に進んできました。しかし、今後も同じように進む保証はありません。

ブロックチェーンの取引データは、それ以上に加速度的に増加する可能性があります。

取引のたびに送信・照合・更新されるデータが大きくなるシステムは、あまり行儀の良いシステムと言えません。

いつか牙をむくシステムです。

【関連記事】

ビットコインが貨幣として不適切な点

ビットコインについてのわかりやすい説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ