科学的な説明はわかりにくく、非科学的な説明がわかりやすい理由

科学

「科学に誠実な人のいうことは分かりにくく、科学に不誠実な人のいうことはわかりやすい」ということが、よく問題になるということです。

「科学に誠実な人の話はなぜ届きにくいのか」という話、あるいはなるべく分かりやすく「科学」について書く: 不倒城

確かにそういう傾向はあると思います。

科学に誠実な人、科学に不誠実な人という言葉は分かりにくいので、科学的な人、科学的でない人と書きます。

わかりやすさは科学的とは無関係

科学的であることにとらわれなければ、なんでも言えます。

「○○は体にいい」
「××は体に悪い」

科学的根拠がなくても、わかりやすく言うことは簡単です。

「○○は体にいい。なぜならば、○○は××から作られるから。」

そこに何の根拠もなくても、科学的思考をしない人はそのまま信じてしまいます。何の留保も条件も必要ないので、わかりやすくなります。

つまり、わかりやすさは、科学的であることと何の関係もありません。

科学的であることが、わかりにくい理由

科学的とは、「再現可能な実験や観察から、論理的に導き出すこと」と言っていいと思います。

通常は、次の手順を踏みます。

  1. 仮説を立てる
  2. 再現可能な実験や観察を行う
  3. 実験や観察が仮設と矛盾がないことを検証する
  4. 仮説が正しいと推論する

再現可能な実験や観察に基づいたものでなければ、科学的とは言えません。

また、科学的に検証された仮設であっても、正しいとは限りません。特定の条件下でのみ成り立つことかもしれません。

そのため、科学的な人は断言を避けます。留保や条件をつけます。

これが、科学的思考が不得手な人に、わかりにくいと感じさせるひとつの理由です。

また、よく言われることですが、存在しないことの証明は難しいことです。

存在することは、それを示すだけで証明できます。iPS細胞が存在することは、iPS細胞を再現可能な方法で作成できれば証明できます。

逆に、存在しないものは、まだ見つかっていないだけかもしれません。そのため、これまでの方法では再現しないという言い方になります。

これも、科学的思考が不得手な人に、わかりにくいと感じさせる原因です。

ではどうするか

それでは、科学的なことをわかりやすくするためには、どうすれば良いでしょうか?

科学的であろうとすれば、どうしても留保や条件がつきます。それを除いて断言してしまっては、科学的ではなくなります。

科学的なことをわかりやすくするには限界があります。

科学的思考を身につけてもらうことが正攻法です。そのために義務教育があります。

科学的思考が不得手で、どうしても身につけられない人はどうすれば良いでしょうか?

Twitterなどにも科学的でない言葉が飛び交っています。

自分が科学的思考が苦手であることを自覚することです。そうすれば、わかりやすい説明だからと言って、非科学的な説明をうのみにすることはなくなります。

留保や条件がつくと、よくわからなくなる人は、科学的思考が苦手な人です。そういう人は、他人のわかりやすい説明をそのまま信じないことです。

まとめ

科学的であるということは、再現可能な実験や観察から推論することです。そこに、留保や条件が付くことは避けられません。それが理解できないならば、科学的思考が苦手だということです。他人のわかりやすい説明をそのまま信じてはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するための7つのステップ