Facebookメッセージが使えなくなったら

メッセージ

4月下旬からFacebookメッセージの「フィルタ済み」に入っているメッセージが見られなくなっていました。

「フィルタ済み」とは

「フィルタ済み」を見るときは、Facebookの「ホーム」画面から、左メニューにある「メッセージ」をクリックし、「もっと見る▼」をクリックします。

友達になっていない人からのメッセージが、しばしばここに入ります。

スパムのようなメッセージを振り分けてくれる分にはいいですが、知り合ってまだ「友達」になっていない人からのメッセージがここに振り分けられて、気づかないこともあります。

そこを見ようとすると、下の図のように、アクセス中の状態を示すだけで、いつまでたっても見られませんでした。下の図で「フィルタ済み(1)」とあるようにメッセージは届いているようでした。

フィルタ済み

きっかけ

これが発生したきっかけと思えることはありました。友達リクエストを承認した瞬間に、その人からのメッセージの受信通知がありました。そのメッセージを読んでからは、「フィルタ済み」の中を見られなくなりました。

友達リクエストを承認したタイミングと、Facebookが「フィルタ済み」にメッセージを格納しようとしたタイミングとの関係で、不具合が発現したのかもしれません。

実際にはそれ以前から見られなかったのかもしれませんが、確認しようがありません。

解決まで

Facebookの「問題を報告」に報告しましたが、「送信していただいたフィードバックはFacebookのサービス向上のために使用させていただきます。ご協力ありがとうございました。」という返信が来ただけでした。

それが、昨日の夜に回復していました。「フィルタ済み」の中のメッセージを読めるようになっていました。

おそらく、Facebook側でおかしくなっていた状態を、正常な状態に戻したのだと思います。

解決までに1ヶ月弱かかりました。

この現象で考えたこと

今回見られなくなったのは「フィルタ済み」に入ったメッセージだけです。

原因はFacebookの不具合だと思います。

同じように、通常のFacebookメッセージが突然見られなくなり、解決までに1ヶ月近くかかる可能性もないわけではありません。

Facebookメッセージには仕事関係のメッセージも届きます。メールよりも多くなっています。

それが、突然使えなくなったら不便です。Facebook以外の連絡手段がない人ならば、連絡をつけられません。

コンピュータシステムは、どんなに冗長化し、信頼性を高めていたとしても、突然ダウンすることがあります。ソフトウェア障害には、多重化は効果がありません。

ソフトウェアの信頼性を高めるためには、最終的には人間がチェックするしかありません。そして人間は間違えます。

人工知能も人間に近づいてくれば、同じような間違いを犯すと思います。

常に代替手段を用意しておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するための7つのステップ