Windows 10パソコンの構成変更はどこまで許される?

Windows

Windows 10への無償アップグレードの期限が迫っています。

私は、デスクトップとノートの2台のパソコンを無償アップグレードしました。

Windows 10以降はmacOSと同じように、無償アップグレードされていくはずです。

そのときに気になるのは、ライセンスの認証です。MacのようにAppleしかハードウェアを提供していなければ、ライセンス認証に神経質になる必要はありません。

ところが、Windowsパソコンは、多数のベンダーがハードウェアを提供しています。自分で作ることもできます。

ライセンス認証をきちんとしないと、無制限にコピーされてしまいます。

最近、Windows 10のライセンス認証に関して、気になる記事がありました。

無償アップグレードした人もこれからの人も。Windows 10 PCは構成変更に注意が必要 – PC Watch

この記事の中で、Microsoftのカスタマーサポートへ問い合わせた際の回答に気になる点がいくつかあります。

システムドライブを変更したものは別PCとみなされ、ライセンス自体が失効となる

「システムドライブを変更したものは別PCとみなされ、ライセンス自体が失効となる」と回答されたそうです。

OSをインストールしたシステムドライブのSSDを交換したら、別PCとみなされ、ライセンスが無効となるということです。Windows 10のライセンスを再度、購入しなければなりません。

同様の状況は、システムドライブが故障して交換した場合や、ハードディスクからSSDに変更した場合なども考えられます。

リテール版Windows 10 Homeは別PCへの移行が認められている

リテール版とは、家電量販店などで売られている箱入りのパッケージです。リテール版Windows 10は、別のPCへの移行が認められているということです。

同時に2台以上のPCで使用しなければいいのだと思います。

一方、無償アップグレードのライセンスは、元のPCにだけ与えられたライセンスです。別のPCで使うことはできません。

問題は、どこまでPCの構成を変更しても、同一のPCと見なされるかということです。

「システムドライブを変更したものは別PCとみなされ、ライセンス自体が失効となる」という回答では、システムドライブを変更したら、同一PCとは認められないということになります。

ハードウェアの変更とライセンス認証

Microsoftのサイトには次のような記載があります。

ハード ドライブやマザーボードの交換など、PC のハードウェアを大幅に変更すると、その PC で Windows がライセンス認証されていない状態になる場合があります。PC でライセンス認証を行う方法については、製品のライセンス認証に関する記事をご覧ください。

引用元:Windows 10 をライセンス認証できない理由 – Windows ヘルプ

製品のライセンス認証に関する記事』では、「電話でのライセンス認証」オプションが使える説明があります。

これはどういうことでしょうか?

「ハード ドライブやマザーボードの交換など、PC のハードウェアを大幅に変更」すると、ライセンス認証されなくなる場合があるが、その場合は電話で対応するととれます。

また、次のような記述もあります。

Windows 10 デバイスのハードウェアの構成を変更した場合 (例えば、マザーボードの交換など)、そのデバイスの Windows の再認証が必要になると考えられます。これは以前のバージョンの Windows (Windows 7 や 8.1 など) と同様の動作です。無償アップグレードでは、このようなハードウェア変更の認証リセットのシナリオは Windows 10 の認証に適用されません。

引用元:アップグレード後の Windows 10 再インストールについて – マイクロソフト コミュニティ

「ハードウェア変更の認証リセットのシナリオは Windows 10 の認証に適用されません」というのは意味不明です。

次の記述もあります。

Windows 10 デバイスのハードウェア構成を大幅に変更 (例えば、マザーボードの交換 など) すると、そのデバイスの Windows 10 のライセンス認証が再度必要になります。これは、以前のバージョンの Windows (Windows 7/8.1 など) と同様の動作で、この場合には、サポートに連絡する必要があります。

引用元:アップグレード後に Windows 10 を再インストールするにはどうすればいいですか? – マイクロソフト コミュニティ

マザーボード交換などハードウェア構成を大幅に変更すると、Windows 10のライセンス認証が必要になり、サポートに連絡する必要があるということです。

カスタマーサポートへ問い合わせの回答であるシステムディスクを交換したらライセンスは無効という内容と矛盾しています。

おそらく、大幅なハードウェア構成の変更を行うと、ライセンス認証が必要になり、サポートに連絡すれば、折衝により対応してもらえるということだと思います。

大幅なハードウェアの変更とは、どの範囲なのかは不明です。ライセンス認証は折衝しだいかもしれません。

【関連記事】

Windows 10 へアップグレードするかどうか迷っている人へのアドバイス

Windows 10へのアップグレードにMicrosoftがこだわる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。