「引退後は趣味」では虚しくなります

ゴルフ

定年後は○○を趣味として、悠々自適の暮らしをすると言う人がいます。定年後と言わず、若いときに稼いで早期退職を目指すという人もいます。

しかし、そこには落とし穴があります。○○がどんなに好きだったとしても飽きてきます。やっていてむなしくなります。特に、ひとりで行う趣味では顕著です。

思えば団塊の世代の人たちが定年を迎える前に、よく話題になっていました。趣味は××個以上持っていないと退職後にボケるなどと言っていました。

趣味にふたつの軸を持たせた考え方もありました。

ひとつの軸は、室内で行うものと室外で行うものです。

もうひとつの軸は、個人で行うものとグループで行うものです。

室内で個人で行うものの代表は読書です。室外で個人で行うものとしては釣りなどがあります。

室内でグループで行うものとしては、麻雀などの室内ゲームがあります。室外でグループで行うものは、団体競技などです。

それぞれ10個ぐらいはないとまずいという話もあり、急いで趣味を増やした人もいました。

他人とのかかわりが大事

実際には、趣味の数はそんなに問題ではないはずです。

趣味の習熟度でしょうか?

経験年数でしょうか?

習熟度や経験年数をどんなにあげてもダメです。趣味は趣味です。

人間はひとりで生きていくことはできません。生活に困らないだけの蓄えがあったとしても、他人とのかかわりを求めます。

趣味を通して、自分が他人にとって、必要な人間だと実感できることが大切です。

それができて初めて趣味を持つ意味があります。

個人で行う趣味では、趣味から生まれるもので他人に喜んでもらうことです。読書であれば、学んだことを他人に話をします。釣りであれば、成果を他人と分かちあうことです。

もっとも相手がそれで本当に喜んでいるかどうかには注意が必要です。独りよがりでは、相手は迷惑します。

グループで行う趣味であれば、必ず相手がいると安心するのは早計です。

相手が義務的につきあっているだけでは、張り合いがありません。それがわかると、あなたも嫌になるはずです。

グループで行う趣味でも、やはり相手が本当に喜んでいるかどうかが重要です。

起業が一番

実は趣味よりも良いものがあります。

起業です。ビジネスを始めることです。

ビジネスの基本は、他者への貢献です。相手にとって役に立つものを提供して、その対価としてお金をもらいます。相手が喜んでくれることでなければ、お金はもらえません。

ビジネスを始めれば、どうすれば相手に役に立つか、相手に喜んでもらえるかと、いつも考えることになります。

自分が好きで、得意で、情熱を感じることで、相手に喜んでもらえるならば、これに勝る快楽はありません。

まとめ

引退後は趣味で悠々自適の暮らしをすると考えてはいけません。

単なる趣味だけでは、そのうち飽きて、むなしくなります。自分が誰かに必要とされていると、実感できなければなりません。

誰かに喜んでもらうにはビジネスを始めることです。喜んでもらえなければ、お金をもらえません。どう喜んでもらうかに常に頭を使うことになります。

【関連記事】

生き甲斐症候群を避ける3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するための7つのステップ