コロナ共存時代の定年後の生き方 | 定年起業のためのウェブコンサルティング

コロナ共存時代の定年後の生き方

コロナ共存時代の定年後の生き方

新型コロナ対応では、慣れないテレワークで苦労した方も多いのではないかと思います。
在宅勤務が増え家族との関係で苦労したり、働き方について見直したりした方もいるのではないでしょうか。
コロナ関連倒産も日に日に増えています。
自分の会社は大丈夫だと安心していませんか?
新型コロナの経済への影響はリーマンショック以上になると予想されています。
リストラが実施された場合、中高年は真っ先に対象になります。

私は、このコロナ時代こそ、中高年が自分の人生を見直し、自分の人生を大切にしながら、いかに働くかを真剣に考える時代だと考えています。
そのためには、自分の現状を振り返り、自分が社会に提供できる価値を見つけ出さなければなりません。

私はこのような想いで、中高年の会社員に自らのこれからの生活や生き方を見直していただくために、無料のオンラインイベントを開催します。

このイベントは、NPO法人札幌高齢者住まいのサポートセンター代表理事で、シニアライフカウンセラーである小番一弘さんと共催で開催いたします。

今回のオンラインイベントでは、以下のことをお伝えします

  • 定年後悠々自適生活の落とし穴
  • 中高年の再就職の現実
  • 中高年の再就職がうまくいく人、いかない人
  • 定年後地域コミュニティ活動、ボランティアで嫌われる人
  • 意外とうまくいく定年起業
  • 介護離職後独立起業の実例

講師プロフィール

pro定年起業ウェブ集客コンサルタント
鈴木希一
1957年横浜生まれ。
定年前後の方に、定年後も生きがいを持ち続けていただくために、起業の支援をしている。

東京工業大学卒業後、NECに入社。約37年間システムエンジニアとして、主に公共団体のコンサルティングやコンピュータシステムの開発に携わる。

大学卒業後、大学院へ進学し研究者となる道を希望していたが、家庭の事情により就職し、エンジニアを志望した。ところが、入社して配属されたのは営業部門だった。当時、会社は営業部門を強化していたため、理系の新入社員の多くを営業部門に配属していた。転職なども考えたが、当時、満足のいく転職先はなかった。会社の制度に則り、開発部門への異動希望を出し続け、異動したのは4年後だった。入社早々、会社では自分の希望する仕事ができるとは限らないことを思い知らされた。

また、サラリーマン時代、定年後数年で亡くなる人が多いことが気になっていた。私とよく一緒に仕事をしていた方も定年退職後3年で亡くなった。定年退職直前まで元気にバリバリ働き、定年退職の日には、これからはゴルフ三昧の日々だと嬉しそうに話していた人が突然の訃報だった。ご家族の話では1年もたつとゴルフもやらなくなり、いつも愚痴とため息ばかりで、朝からテレビばかり見て酒量も増えたそうだ。喉に違和感があり病院に行ったところ食道がんが見つかった。

私は、リストラされたり、定年退職を迎えたりした人が、その後の人生を生きがいを持って生きていけるよう、お役に立ちたいと考えている。

メディア掲載実績

週刊東洋経済

週刊東洋経済

2018年2月24日号

「学びを糧にシニアが起業」と取り上げられました。

日経ビジネス

日経ビジネス

2018年6月18日号

「最近起業したシニアへの聞き取りした結果」の一覧に掲載されました。

エルダー

エルダー

2018年8月号

「チャレンジを続けるアクティブシニア」として取り上げられました。

講師プロフィール

小番一弘NPO法人 札幌高齢者住まいのサポートセンター 代表理事
一般社団法人 シニアライフサポート協会 代表理事
小番一弘(こつがいかずひろ)
1959年札幌生まれ、秋田育ち。
母親の認知症介護で49歳の時に介護離職し、東京から札幌へ拠点を移す。

札幌でシニアライフ相談サロン運営。
全国各地で地元の有力企業と連携し、市民向けシニアライフカウンセラー養成講座、100年ライフ見える化ノート講座開催等を開催。
地域の助け合い基盤となる相談サロン作りで各地企業をコンサルサポート。

親の介護、介護施設での当直経験から、ミスマッチをなくしライフプランに沿って、最期までサポート、マネジメントできるシニアライフ相談サロンを目指している。

若い世代にツケをまわさず、元気なシニアがシニアをささえる世の中の実現に向けて、専門職と社会貢献意識の高い企業、元気なシニアとの連携を図っている。

主な連携先とコンサル先企業

メディア 北海道新聞 毎日新聞 西日本新聞 琉球新報 熊本放送
保険会社・保険代理店 朝日生命 グッドウイン AIコンサルタント ゲイン 110歳相談室
司法書士法人 コスモグループ
税理士
行政書士
社労士
弁護士
葬儀会社 いきいきプラザ
整理収納事業者 クラデュース
介護保険外生活支援事業者 アースビジョン
終活関連 日本WILL振興協会
シニア向け人材紹介会社
不動産事業者
調剤薬局
介護事業者
百貨店
行政
商工会議所
社会福祉協議会

イベント詳細

日時 2020年8月26日(水)20:00 – 22:00
参加者の方からの質問受け付けや討論を予定しているため、終了時刻は前後する可能性があります。
場所 Zoomを使ったオンラインイベントです。
Zoomとはインターネットを使ったテレビ会議ツールで
パソコン、タブレット、スマートフォンで使えます。

パソコンではマイクとカメラがあって、
インターネットに接続していれば使えます。
できれば、イヤホンまたはヘッドセットがあるといいです。
こちらから送ったURLをクリックするだけで、使えるようになります。

タブレットやスマホからの場合は、
事前に「Zoom Cloud Meeting」というアプリをダウンロードして下さい。

人数 先着100名
費用 無料

お申込み

お申し込みは「お名前」と「メールアドレス」を記入し、「送信」ボタンを押してください。
記入いただいたメールアドレスにメールが届きます。
もし、メールが届かない場合は、メールアドレスを確認して再度送信してください。
携帯電話のメールアドレスでは届かない可能性があります。
できるだけパソコンのメールアドレスでお申込みください。
携帯電話のメールアドレスをご利用の場合には、「@kcszk.com」からのメールを受け取れるよう設定をお願いします。