定年起業サークル | 定年起業のためのウェブコンサルティング

定年起業サークル

定年起業サークル

今すぐ申し込む

あなたはこんなことで悩んでいませんか?

「60歳を過ぎると再雇用となるが、収入も待遇も大幅に落ちる」

「再雇用の仕事は単純作業でモチベーションが続かない」

「60歳で就職先を探しても、満足できるところは見つからない」

「まだまだ社会の役に立ちたいが、何ができるかわからない」

「起業を考えてみたが、自分にできることがわからず自信もない」

定年前後で、こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

本サークルでは、定年前後の方が起業する仕事を見つけるお手伝いをします。
長年の会社勤めで培ったノウハウやスキルを活かして起業するために、
月に1回のセミナーとワークショップを通して、起業する仕事を見つけます。

セミナー風景
ワークショップ
ワークショップ

ファシリテータープロフィール

pro
定年起業ウェブ集客コンサルタント
鈴木希一
1957年横浜生まれ

定年前後の方に、定年後も生きがいを持ち続けていただくために、起業の支援をしている。

東京工業大学卒業後、NECに入社。約37年間システムエンジニアとして、主に公共団体のコンサルティングやコンピュータシステムの開発に携わる。

定年退職後すぐに亡くなった方がいると聞き、現役時代はあんなに元気だったのにと残念な気持ちにとらわれる。自らも定年が近づき人生の棚卸を行うが、将来に対する明るい見通しを持てないまま悶々とする。

そんな中、インプット一辺倒の学習を見直し、アウトプットするためにブログを書き始める。Kindle出版が始まったとき、誰でも情報発信できる新しいツールではあるが、複雑で苦労している人が多いことを知る。そこでKindle出版のサポートをしようと自らKindle出版し、セミナーを開催する。うまくいけばKindle出版のサポートで、定年後のライフワークとして起業できるのではないかと考える。

しかし、格安でKindle出版を請け負う会社が現れ、Kindle出版のサポートでは仕事にならないとあきらめる。最新技術は陳腐化も早く、改めて起業の難しさを知る。

そのころから起業を考え始め、セミナーや読書などから情報収集するが、どんな仕事で起業するか悩みが尽きない期間を過ごす。ブログにより起業の方向性を探りながらファンも増え、普遍的な体系化されたメソッドを開発する。お客様の感謝の言葉を聞き、起業が生きがいになることを実感する。そこで、自分と同様に定年後の生き方に悩んでいる人に、ウェブを利用した起業のお手伝いをしようと志す。

支援した人は3年間で100人を超え、お客様の満足度は約97%となる。

ビジョンは、定年退職で目標を見失った人に起業による生きがいを与え、世の中を明るくすること。暗いイメージもあるウェブの世界で、明るい未来を目指し日々奮闘している。

メディア掲載実績

週刊東洋経済

週刊東洋経済

2018年2月24日号

「学びを糧にシニアが起業」と取り上げられました。

日経ビジネス

日経ビジネス

2018年6月18日号

「最近起業したシニアへの聞き取りした結果」の一覧に掲載されました。

エルダー

エルダー

2018年8月号

「チャレンジを続けるアクティブシニア」として取り上げられました。

なぜ、定年前後で起業するのか?

はじめまして、定年起業ウェブ集客コンサルタント 鈴木希一です。

私は、定年前後の方に、定年後も生きがいを持ち続けていただくために、起業の支援をしています。

日本の会社は高齢者に高い賃金を払い続けることはできません

日本の会社は、若いときは仕事内容に比べて賃金を抑え、年をとるにつれ賃金をあげることで、社員の忠誠心を保とうとしてきました。その仕組みは定年を前提としているため、定年が延長されても、それまでと同じ賃金を払い続けることはできません。

そのために、役職定年や再雇用などの制度が生まれました。

一定年齢に達した人は、役職を外したり、給与を引き下げたり、仕事を単純作業に変えたりするのです。

政府がいくら定年を引き延ばそうとしても、会社としては高齢者に高い給与を払い続けることはできません。

その現実を踏まえて、定年以降のことを考えることが必要です。

仕事をやめると生きがいも失います

また、仕事をやめてしまうと、生きがいを失います。

趣味がたくさんあるから大丈夫だと考えてはいけません。
どんなに好きな趣味でも数ヶ月もすれば飽きてきます。
趣味は仕事の合間にするから楽しいのです。

「自分はもう社会に必要とされていないのか」
「このまま年をとって死んでいくだけか」
「このまま自分の人生は終わってしまうのか」

こんな気持ちは、趣味だけではぬぐいきれません。

しかし、自ら起業すれば、好きなことで社会に貢献し、生きがいを持ち続けることができます。
お客様に喜んでいただけることが、生きがいになります。

仕事は、好きなこと、得意なこと、意義を感じること、市場のあることから見つける

ところが、起業を考えても、自分がどんな仕事で起業できるかわからないという方が大勢いらっしゃいます。

起業する仕事は、自分の好きなこと、得意なこと、意義を感じることと、市場のあることの重なるところから見つけます。

好きなこと、得意なこと、意義を感じることを見つけるためには、自己棚卸を行います。
市場については、お客様とライバルについて調べ、自分が一番となる領域を考えることが必要です。

起業する仕事と仲間を見つけるために定年起業サークルを始めました

そうはいっても、なかなか見つからない方もいらっしゃいます。
そんな方のために「定年起業サークル」を始めました。

月に1回集まり、起業する仕事を見つけるためのセミナーとワークショップを行います。
ワークショップにより、自分が起業できる仕事を見つけるヒントが得られます。
ひとりで考えるだけでなく、他の人の話しを聞くことで新しい気づきが得られます。

さらに、ワークショップ後の懇親会では、起業仲間を増やすことができます。
起業仲間が増えることにより、モチベーションもあがり、お互いに切磋琢磨し、お客様の相互紹介も生まれます。

ワークショップ
ワークショップ
ワークショップ

定年起業サークルに参加するメリット

  • ワークショップで起業する仕事を考えるため、他の人から気づきを得られます。
  • 複数人でワークショップを行うため、ひとりで考えて行き詰まることがありません。
  • ワークショップと懇親会およびFacebookグループで、起業仲間ができます。
  • 起業仲間ができるため、ひとりで孤立することがありません。
  • 起業仲間に背中を押され、起業に向けての行動がやりやすくなります。
  • セミナーとワークショップの内容は、後日、オンライン(YouTube)で配信します。
    資料も送りますので、欠席しても大丈夫です。

当日の大まかな流れ

  1. セミナー      (30分)
  2. ワークショップ実施 (90分)
  3. 終了後、実費で懇親会

年間カリキュラム(予定)

2019/4/19(金)
【終了】
本当の自分を見つける質問
・質問に答えることで、なかなか気づかない本当の自分を見つけ出します
2019/5/23(木)
【終了】
ライフラインチャート
・子どものときからの出来事を振り返り、忘れていた「好きなこと」を思い出します
2019/6/21(金)
【終了】
マンダラート
・自分の強みを9つのマスから強制的に引き出します
2019/7/17(水)
【終了】
死ぬときに何と言われたいか
・人生の最後を想像することにより、自分の価値観に気づきます
2019/8/22(木) SWOT分析
・脅威とチャンスを外部と内部の両面から分析します
2019/9/24(火) チームコンサルティング
・現在抱えている課題に対し、お互いにアドバイスや貢献できることを伝えます
2019/10/23(水) 起業のコンセプト
・誰に、何を、どのように、ビジネスを組み立てていきます
2019/11/22(金) お客様は誰?
・あなたがNo.1となるように、ターゲットを絞り込みます
2019/12/23(月) ペルソナなりきりワーク
・具体的なお客様のイメージを描き、お客様の悩みをあぶりだします
2020/1/22(水) ポジショニング
・無競争状態で、お客様に選ばれる独自の場所を見つけます
2020/2/25(火) ライバルとの比較
・具体的なライバルと比較することで、自らの強みを引き立たせます
2020/3/23(月) チームコンサルティング
・現在抱えている課題に対し、お互いにアドバイスや貢献できることを伝えます

申込みをされた方には、事前に視聴していただく最低限の動画をご案内しています。
その資料も差し上げます。
そのため、いつからでも参加できます。

サークル会員の要望等により、予定を変更する場合があります。

8月の定年起業サークル詳細

日時

2019年 8月22日(木) 18:30~20:30

場所

新宿アントレサロンビル3階 セミナールーム
東京都新宿区新宿2丁目12番13号

最寄り駅:
◆東京メトロ丸ノ内線・副都心線「新宿三丁目」C8出口 徒歩1分
◆「新宿駅」徒歩8分

地図

定員

10名

内容

セミナー:SWOT分析

ビジネスの脅威とチャンスを外部と内部の両面から分析する手法です。

ワークショップ

自分のビジネスの見当がつかない方と見えてきた方でワークショップの内容を変えます。

自分のビジネスの見当がつかない方

本当の自分を見つける質問に答えることで、なかなか気づかない本当の自分を見つけ出します。

自分のビジネスが見えてきた方

SWOT分析で自分のビジネスを分析していただきます。

費用

4,000円

口座振替をお申込みの方は月額3,240円で参加できます。
口座振替はお申込みいただいた方にご案内いたします。

追伸

ワークショップの終了後は、会場近くで希望者により懇親会を開催します。
会員間の交流を促進する場となりますので、是非ご参加ください。
懇親会の費用は実費となります。

申し込む

ワークショップ
ワークショップ
ワークショップ

よくある質問

Q 年度の途中からの参加となりますが、大丈夫でしょうか?
A 年度の途中から参加する方には、事前に視聴していただく最低限の動画と資料をご案内しています。それを見ていただくことで、最低限の知識が得られますので、心配する必要はありません。
Q 仕事の関係で、毎回参加できるとは限らないのですが、大丈夫でしょうか?
A 欠席しても、後から当日のセミナーの動画を見ることができます。資料も送りますので大丈夫です。
Q 何回ぐらい参加すれば、起業する仕事を見つけられるでしょうか?
A どのくらいの期間で起業する仕事を見つけられるかは人によって違いますが、3割ぐらいこれでいけそうだと感じたら、仕事を立ち上げてみることをお勧めしています。
副業禁止の方は、無料のモニターを集めることで、商品やサービスのフィードバックをもらうことができます。
1年間のカリキュラムを組んでいますが、その後もスパイラルアップしていく予定です。
Q どのような経験を持った方が多いのでしょうか? 私でも参加できるのか心配です。
A 定年起業に興味を持たれる方には、いろいろな経験をお持ちの方がいらっしゃいます。製造業、流通業、金融業、サービス業などの会社に勤めている方、公務員の方もいらっしゃいます。
Q 自分に起業などとても無理だと思っていますが、参加しても大丈夫でしょうか?
A はい、大丈夫です。
自分に起業などできないと思っていらっしゃる方が、本サークルに参加されることは、非常に有益です。
起業を目指す仲間とワークショップを行うことにより、従来の枠を打ち破ることができます。定年後に後悔しないためにも、早めの受講をお勧めします。
Q ビジネスに苦手意識を持っています。そんな私でも、内容を理解することができるでしょうか?
A もちろん大丈夫です。
このセミナーでは、難しい言葉は一切使いませんので、安心してご参加ください。
むしろ、ビジネスに苦手意識をお持ちの方の方が成果につながりやすいので、是非ともお越しいただければと思います。

お客様の声


前回から今日までの1ヶ月間で始めたことがいくつかあります。他の参加者の方からも刺激を受けることができます。ひとりで考えているだけではなかなか前に進めませんね。

(Y.Hさん)


すごく不安でしたが、アットホームな雰囲気で楽しく感じました。

(H.Sさん)


アットホームな雰囲気で話しやすく、有益な情報を得ることができました。

(Y.Hさん)


気軽にお話しすることができました。

(H.Sさん)


勉強になる。

(M.Mさん)

最後に私の想いを少しだけ伝えさせてください。

私は、長年の会社勤めで培ってきたノウハウやスキルが、年齢だけを理由に社会に役立てられなくなることは、非常にもったいないことだと思っています。

定年退職後、テレビ漬けになったり、酒浸りになったりで、身体を壊し、人生を終えることはありません。

自分が社会や他人に貢献していると自覚できることは、生きがいにつながります。

長年のノウハウやスキルを使って社会に貢献する方法のひとつが起業です。

ところがいざ起業を考えたときにいくつかの壁にぶつかります。そのため、その価値ある能力を発揮できずに終わってしまうことも珍しくありません。

そのノウハウやスキルを多くの人に伝えていくことで、お客様やその先にいる多くの方に価値を拡げ、社会に貢献していくことになります。

志の高い方をサポートさせていただくことで、社会全体をより良くしていくことが、私の使命だと思っています。

お申込み

「定年起業サークル」の体験ご希望の方は、「お名前」と「メールアドレス」を記入し、「送信」ボタンを押してください。
記入いただいたメールアドレスにメールが届きます。
もし、メールが届かない場合は、メールアドレスを確認して再度送信してください。
携帯電話のメールアドレスでは届かない可能性があります。
できるだけパソコンのメールアドレスでお申込みください。
携帯電話のメールアドレスをご利用の場合には、「@kcszk.com」からのメールを受け取れるよう設定をお願いします。

【個人情報保護方針】

  • 個人情報保護方針(プライバシーポリシー)につきましては、こちらをご覧ください。