ゲーマーでない人のポケモンGOの遊び方

ポケモンGO

ポケモンGOが日本でリリースされ3週間が過ぎました。当初の騒ぎも収まってきたようです。

ポケモンGOを知らない人からは、危険なゲームのリリースは許せないという、少し的外れな批判もありました。

そこで、ポケモンGOを知らない人でもわかるように、ゲームをあまりやらない人でも楽しめる遊び方を説明します。

ポケモンGOは、スマホの位置情報を利用して、現実の世界にポケモンを登場させ、捕まえるゲームです。

自宅で仕事をしていると運動不足になります。そのため、1日中自宅にこもっているときは散歩に行きます。散歩だけでは飽きてきますが、ポケモンGOがあるとなかなか飽きません。

ポケモンGOは散歩の良いお供です。

ただし、歩きスマホには要注意です。最初、ポケモンGOの設定で「振動」をオンにしていても、振動しませんでした。そこで、iPhoneのサウンドボタンをオフにしたところ、ポケモンを見つけると振動するようになりました。

振動したら、周りを確認して、安全な場所でポケモンを捕まえます。ポケモンを捕まえるためには、スマホの画面上でボールをポケモンに投げます。

ポケモンGOには、ゲームで使うアイテムを入手できるポケストップという場所があります。現実世界のモニュメントなどが割り当てられています。

ポケストップは、はじめての場所では画面と実際の地形を比較して、場所の目安をつけて近づきます。そのうちポケストップの位置は覚えてきます。

ポケモンGOには、いくつかの楽しみ方があります。

捕まえるポケモンの種類を増やす

ポケモンを昔から知っている人にとっては、好きなポケモンや懐かしいポケモンを見つけることが楽しいようです。

残念ながら私はポケモンをほとんど知りませんので、この楽しみ方はできません。

それでも、新しいポケモンを見つけると、こんなポケモンもいるのかと思いながら捕まえます。

全種類のポケモンを捕まえた人の話によると、お金と時間をかけたうえで、戦略的に動いています。

ポケモンの種類を増やすためには、ポケモンの卵をかえす「ふかそうち」を買うと有利です。「ふかそうち」に卵を入れて歩くことにより、卵がポケモンになります。

また、珍しいポケモンが出そうなところをTwitterなどで調べ、出かけていき、歩き回るそうです。

ポケモンは別のポケモンに進化します。進化に必要なものは、ポケモンを捕まえたとき、一緒に手に入ります。

結局、「ふかそうち」を買い、歩き回って卵をかえしながら、珍しいポケモンを探し回ることが、ポケモンの種類を増やすコツです。

レベルを上げる

ポケモンGOのプレーヤーであるトレーナーにはレベルがあります。

ポケモンを捕まえたり、進化させたりすると経験値が蓄えられます。ポケストップでアイテムを手に入れても経験値が蓄えられます。

ポケモンGOにはポケモン同士が戦うジムがあります。ジムも現実世界のモニュメントなどが割り当てられています。ジムで戦っても経験値が蓄えられます。

経験値が一定の値を超えるとレベルが上がります。レベルが上がるときには、プレゼントとして、さまざまなアイテムも手に入ります。

結局、ポケモンGOでたくさん遊べば、トレーナーのレベルが上がるようになっています。

レベルが上がると、強いポケモンを見つけるようになります。ポケストップでは、強力なアイテムが手に入るようになります。

ジムを占拠する

ポケモントレーナーは、色で区別される3つのグループに分かれ、ジムの取り合いをします。

最初はジムには誰もいません。自分のポケモンを置けばそこは自チームのものになります。自チームのジムに空きがあれば、自分のポケモンを置くことができます。いくつのポケモンを置けるかは、ジムの強さで決まります。

他チームのジムに行くと、ポケモンのバトルができます。ジムにいるすべてのポケモンを倒せば、自分のポケモンを置くことにより、自チームのジムになります。

自チームのジムでは、トレーニングバトルができます。バトルやトレーニングバトルにより、ジムが強くなります。

まとめ

ポケモンGOでは、ポケモンを集めること、トレーナーのレベルを上げること、自チームのジムを増やすことの3つの目標があります。

どれも関連があり、らせん階段を登るように、ポケモンが増え、レベルが上がり、ジムも強くなります。

そのためには、まず歩き回ることです。歩き回れば、ポケモンが見つかり、ポケストップでアイテムが手に入ります。ジムがあれば、バトルやトレーニングバトルをして、経験値を蓄えることができます。

そのため、ポケモンを増やし、レベルを上げ、自チームのジムを強くするには、ポケモンGOで遊ぶ時間を増やさなければなりません。

珍しいポケモンがいそうな場所を調べ、戦略的に歩き回ることは、ポケモンの種類を増やすためには有効です。

お金を出せば、「ふかそうち」の他にもゲームに有利なアイテムが買えます。ただし、大金を投入しても、すぐにポケモンが集まったり、レベルが上がることはありません。歩き回ることが不可欠です。お金をかけなくても、十分楽しめます。

中には、自分が歩き回る代わりに、自転車に乗ったり、動くものに乗せたりする「不正」も行われているようです。移動速度が速い場合にはカウントしないようになっていますが、自転車などでゆっくり走られるとチェックできません。

私は、ポケモンGOにお金を使うつもりはありません。時間をかけるつもりもありません。

ポケモンGOがどのようなゲームか知りたくて始めました。散歩のついでにポケモンを捕まえたり、ポケストップでアイテムを入手したりして、たまにはジムでバトルして楽しむつもりです。

【関連記事】

ポケモンGOの影響力

ポケモンGOに望む改善点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するための7つのステップ