定年を迎える方、あなたはこのまま死を待つだけですか? | 定年起業のためのウェブコンサルティング

定年を迎える方、あなたはこのまま死ぬのを待つだけですか?

定年

ショッキングなタイトルかもしれません。

しかし、定年前後で定年後やることをしっかりと決めていない人には、非常に重要な問いかけです。

自分は趣味がたくさんあるから大丈夫だという方は、数ヶ月趣味三昧の生活を送った後にこの記事を思い出してください。

おそらく趣味だけでは心が満たされないと思います。

「自分の人生はこのまま終わってしまうのか」
「自分の人生は何だったのか」
「自分はもう誰にも必要とされていないのか」

こんな気持ちは趣味だけで拭い去れるものではありません。

定年までまだ時間がある方

定年までまだ時間があるという方は、定年が近くなった時のことを想像してください。

再雇用や再就職で働く予定の方は、いつまでそこで働けるかに注意してください。
天下りする方も同様です。
創業社長でない限り、いつまでも会社に残ることはできないはずです。

定年を迎えるときはいずれ来ます。
その時から、あなたにはやるべき仕事がなくなるのです。

自分は自営業だから大丈夫という人は幸せです。
自営業の方はこの記事の対象外です。
健康に気をつけて人生を謳歌してください。

大企業の管理職で60歳前の方は悩んでいると思います。

「再雇用は仕事の内容も収入も大きく下がる」
「満足のいく再就職先を見つけることも難しい」
「仮に見つかったとしても、いつまでもいられるわけではない」

起業を考える

自分が好きで得意なことで、誰かに喜んでもらえるとしたら、うれしいと思いませんか?

それができるのが起業です。

ボランティアやどこかに勤めてもできるかもしれませんが、すべてが自分の思い通りになるわけはなく、自分がやりたいことができるとは限りません。

自ら起業すれば、自分の好きなことを仕事にできます。

起業というと会社を作って大きな投資をすることだと考える方もいますが違います。

開業届を一枚、税務署に提出するだけで起業はできます。
後は、自分の商品やサービスをつくり、お客様に売るだけです。

大きな投資をすることも会社を作ることも必要ありません。
ローリスクで始められます。

若い人が起業するときはミドルリスク・ミドルリターンをねらいますが、退職金や年金がある人はローリスク・ローリターンでも大丈夫です。

大企業はローリターンの市場には入ってきませんから、大企業のいない市場で勝負できます。
そういう意味では有利です。

しかし、自分がどのような仕事で起業できるかわからないという方も大勢いらっしゃいます。

自分が身につけているスキルやノウハウは、自分には当たり前すぎて、大したものではないと感じます。
会社の同僚も身につけているので、誰もが身につけていると思ってしまいます。

しかし、一般的には非常に高度で貴重なスキルで、そのスキルを求めている人がいることがあります。
そのスキルを使って仕事をしたり、そのスキルを教えることが仕事になります。

そのようなスキルを見つけるお手伝いになるように、昨年度から定年起業サークルを開催しています。

仲間と一緒に起業する仕事を見つけるサークルです。

興味のある方は次のリンクをご覧ください。

あなたはこんなことで悩んでいませんか? 「60歳を過ぎると再雇用となるが、収入も待遇も大幅に落ちる」 「再雇用の仕事は単純作業でモチベーションが続かない」 「60歳で就職先を探しても、満足できるところは見つからない」 「まだまだ社会の役に立ちたいが、何ができるかわからない」 「起業を考えてみたが、自分にできることがわからず自信もない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。