iPhoneのバッテリー消費が早いときにチェックしたところ

iPhone

数日前から、iPhone 6 Plusのバッテリーの減りが急に早くなりました。夜12時ぐらいに50%ぐらいあったバッテリー残量が、朝にはゼロになっていて電源が入りません。この間、iPhoneには触っていません。

何かのアプリがバックグラウンドで動いていて、バッテリーを消費していると考えチェックしました。

なお、iOSのバージョンは、9.2.1で最新になっています。

バッテリーの使用状況

「設定」アプリを起動し、「バッテリー」をタップすると、バッテリーの使用状況を見ることができます。

「24時間以内」と「7日以内」を切り替えられ、右側の時計のアイコンをタップすると、「画面上」と「バックグラウンド」の時間も表示されます。

ここから、バッテリーを消費したアプリがわかります。

下の画面は、この記事を書いているときのものです。

設定-バッテリー

「Google Maps」の調査

昨日、調べた時は「24時間以内」で「Google Maps」が30%以上のバッテリーを使っていました。

そこで、「Google Maps」の設定を調べました。

「設定」アプリ

まず、「設定」アプリから「Google Maps」をタップしました。

設定-GoogleMaps

位置情報

「使用中のみ」のままにしました。位置情報を許可しなくては、使い勝手が極端に悪くなります。「使用中のみ」であれば、バックグラウンドで動くことはないと考えました。

通知

Google Mapsの通知は、バックグラウンド動作時に見た記憶がありません。それでも念のためオフにしました。

Appのバックグラウンド更新

更新があるときは大きいかもしれませんが、頻度は少ないと考え、オンのままにしました。

モバイルデータ通信

外出時に使えなくては意味がないので、オンのままにしました。

「Google Maps」アプリ

次に「Google Maps」アプリの設定を調べました。

「Google Maps」アプリを起動し、左上の三本線をタップしてから、「設定」をタップします。

GoogleMaps-設定

自宅や職場を編集

何も登録していません。

マップの履歴

そのままにしました。

通知

「バックグラウンドでのナビの使用」「デスクトップ版マップから送信」「オフラインエリアに関する通知」をすべてオフにしました。

通知設定

「バックグラウンドでのナビの使用」がバッテリー消費の原因として怪しいと思いました。

オフラインエリア

何も登録していません。

距離の単位

「自動」のままにしました。

地図上にスケールを表示

「ズームイン/ズームアウト時に使用」のままにしました。

ナビの設定

「ガイダンスの音量」「Bluetoothで音声を再生」「Bluetooth通話として開始」「地図を傾ける」は、そのままにしました。

ナビの設定

音声検索

「デフォルト – 日本語」のままにしました。

ロケーション履歴

説明だけのようなので、そのままにしています。

シェイクでフィードバックを送信

夜間のバッテリー消費には関係ないと思いましたが、オフにしました。

概要、利用規約、プライバシーポリシー

説明だけのようなので、そのままにしてあります。

結果

昨晩のバッテリー消費は数パーセントでした。

おそらく、バックグラウンドでナビが動いていて、バッテリーを消費していたのだと思います。

ひととおり調べることで、今まで知らなかった機能があることもわかりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ