スポーツ一覧

亡霊のように現れる精神論を斬る

日本には不合理な精神論がしばしば現れます。太平洋戦争などはその典型で、竹やりで原爆に立ち向かおうとしました。この傾向は、スポーツの世界に長らく残りました。私が中学生の頃には、「根性さえあれば何でもできる」とスポ根ものと言われた漫画が流行りました。

スポーツジムでマシンの上で休憩させない方法

どこのスポーツジムにもマシンの上で休憩している人がいます。「マシン上での休憩はやめましょう。」と書いてあります。館内放送で注意しているところもあります。待っている人がいるときには、スタッフが注意していることもあります。それでも、あまり守られていません。そこで、注意の方法を変えてみてはどうかと思いつきました。

ストレスの種類と対策

仕事をしていると多かれ少なかれストレスが発生します。適度のストレスは仕事の遂行にプラスになりますが、過度のストレスはマイナスです。ストレスにより精神を病んでしまう人もいます。そこで、ストレスの種類と対策を考えてみます。

健康のためならマラソンをやめなさい

マラソンはブームと言っていい状態になっています。東京マラソンなどは、参加しようとしても、抽選でなかなか当選しません。マラソンを始めようと考えている人もいると思います。しかし、ちょっと待ってください。ルーの法則というものがあります。簡単に説明すると次のようなものです。

高校野球と箱根駅伝は、もはやスポーツではなく、選手を犠牲にするイベント

高校野球は、学校の利益や名誉のために、高校生の選手の健康と将来を犠牲にしています。箱根駅伝も同様です。箱根駅伝のために、日本からトップクラスのマラソン選手がいなくなったと言われています。箱根駅伝も、学校の利益や名誉のために、大学生の選手の将来を犠牲にしています。

体罰はなぜなくならないか

昨年の運動部顧問教師による体罰を苦にした生徒の自殺事件に、執行猶予付きの有罪判決が下されました。しかしながら、体罰がなくなる気配はありません。なぜ、体罰がなくならないのか考えてみました。