Windows 10の買い方

Windows10
Windows 10 by theglobalpanorama

Windows 10からOSの売られ方が変わりそうです。Windows 7 と 8.1 はDSP版の単体購入が可能でした。Windows 10 からは、PCパーツとのバンドル販売のみということです。

DSP版Windowsの販売方法が変更、PCパーツとのバンドル販売のみに – AKIBA PC Hotline!

Windows 10 は、2016年7月28日までは無料でWindows 7 と 8.1 からアップグレードできます。

新規にパソコンを買うときにはOSもついてきます。OSなしで買うこともできますが、Windows 10 も一緒に買ったほうが安くなるはずです。

その結果、Windows 10 を単体で買う人は、パソコンを自作する人だけになります。それならば、PCパーツとのバンドル販売としても、利用者にとってそれほど不便はありません。

Windows 8.1 は、いろいろな方法で売られ、価格もバラバラでした。

奇妙なWindows8.1の価格

Windows 8.1 は Windows 8 から無料でアップグレードできるため、Windows 8 が安く売られていました。

同様のことが、Windows 10 でも起きるはずです。Windows 7 やWindows 8.1 を安く買って、Windows 10 へ無料アップグレードしようと考える人がいます。

Windows Vistaを使っているユーザがWindows 10 を使おうとした場合も、安いWindows 7 かWindows 8.1 を買って、無料アップグレードすることができます。

Windows 8 のDSP版のなかには、海賊版もあったようです。これから、自作パソコンユーザをねらって、Windows 7 や Windows 8.1 の海賊版が出回ることも予想されます。十分な注意が必要です。

Windows 7 とWindows 8.1 のユーザは、現在使っているアプリがアップグレードすると動かなくなるなどの事情がない限り、Windows 10 へアップグレードしておいたほうが得策です。そうすればハードウェアの寿命が続く限り最新のOSを使い続けることができます。

2015年7月29日以降、パソコンの自作をしない人にとって、OSを単体で買うということがなくなったと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するための7つのステップ