iCloudから個人情報を流出させないためのまとめ

iCloud

先日、iCloudから海外セレブのヌード写真が流出し、騒ぎになりました。Appleの発表によると、iCloudの問題ではなく、AppleIDとパスワードが漏れていたということです。

勘違いしがちですが、AppleIDで2段階認証していても、iCloudのアクセスは、AppleIDとパスワードだけでできてしまいます。

そこで、iCloudからの情報流出が怖い方のために、iCloudから情報流出させないための方法をまとめます。

AppleIDとパスワードを隠す

まず、AppleIDとパスワードを他人にわからないようにすることです。

ところが、AppleIDは通常使っているメールアドレスにすることが、推奨されています。Appleからの通知を受け取れるようにするためです。

すると、AppleIDは、メールをよくやりとりをする人からは、推測されてしまいます。パスワードだけで、AppleIDを守ることになります。

それでも、AppleIDを隠す方法があります。

AppleIDには、新たに取得した専用のメールアドレスを指定します。AppleIDに指定したメールアドレスに届いたメールは、通常使うメールに転送する設定にしておけば、Appleからのメールを読むことができます。

転送するための設定は、GMAILの場合、次のようにします。

1.右上の歯車のマークから「設定」を選択します

2.最上段のメニューから、「メール転送とPOP/IMAP」を選択します

3.「転送」のところで、受信メールを転送するラジオボタンを選択し、転送先のメールアドレスを入力します

メール設定

4.「変更を保存」をクリックします

AppleIDとパスワードの両方がわからなければ、パスワードだけよりも強力に不正アクセスから守ることができます。

あなた以外誰も知らないメールアドレスをAppleIDとすることにより、次の方法による不正アクセスも防ぐことができます。

iCloud ハッカーたちが悪用した、シンプルな 4-Steps 侵入プロセスとは? | Agile Cat — in the cloud

パスワードを他のサービスと共用しないことや、十分な長さにして、アルファベットの大文字、小文字、数字、記号を混在させることは、言うまでもないことです。特に、メールのパスワードとは別のものにしなければなりません。類推できると、メールの情報が流出した時に、iCloudも不正アクセスされてしまいます。

iCloudの内容を見直す

次に、iCloudにアップロードするものを見直します。現在、何がiCloidにアップロードされているかは、次の方法で確認することができます。

iPhoneから、「設定」を起動します。

iCloud-1

「iCloud」を選択すると、iCloudのアカウントと現在iCloudにアップロードしているものが表示されます。

iCloud-2

ここで、各項目ごとに設定をオフにすれば、アップロードされなくなります。すべてをオフにすることは、iCloudを使わないことと同じことです。

iCloudバックアップをオフにするときは、定期的にパソコンに接続して、バックアップをとることをお勧めします。そうしないと、iPhoneが壊れたときに中のデータがすべて消えてしまう可能性があります。

特に、iOSのバージョンアップをする前には、必ずバックアップを作成してください。

結局、セキュリティは、常に利便性とのトレードオフです。iCloudからの情報流出が心配ならば、iCloudに情報を入れなければいいだけの話です。

私は、AppleIDとパスワードを強力なものにして、iCloudの機能は全部使っています。また、DropboxなどiCloud以外のサービスについても全く同じことが言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ