iCloudとiTunes、どちらでバックアップすべきか

バックアップ

iPhoneやiPadのバックアップは、iCloudとiTunesでとることができます。どちらでとる方がよいでしょうか。

iCloudでバックアップ

メリット

iCloudでバックアップをとるメリットは、パソコンを必要としないことです。Wi-Fiがつながっているところであれば、どこでもバックアップをとることができます。

デメリット

iCloudが無料で使えるのは、5GBまでです。バックアップデータは圧縮されますが、データ量が増えてくると、有料のプランにアップグレードしなければなりません。

バックアップにはWi-Fiが必要ですので、自宅にWi-Fi環境がないと不便です。一般に無料で使えるWi-Fiは、通信速度がかなり遅くなります。

iCloudが安心できるわけではありません。実際、ヌード写真が流出し、騒ぎになったことがあります。

iCloudから個人情報を流出させないためのまとめ

また、データが失われることが絶対にないとは、誰にも言えません。

iTunesでバックアップ

メリット

バックアップのデータは履歴管理されています。やったことはありませんが、直前のバックアップ以外からも復元できると思います。

また、複数のパソコンがあれば、バックアップをそれぞれのパソコンにとることができます。

デメリット

パソコンのディスク容量を使うことです。Windowsパソコンの場合、Cドライブにバックアップがとられます。WindowsパソコンはCドライブの空き容量が少なくなると、パソコン自体の動作が不安定になります。

バックアップをとっているパソコンが動かなくては復元できません。パソコンが盗まれた時も同様です。バックアップの保存先はOS別に次のところに書いてあります。ディスクのバックアップは、この場所を含めてとっていないと、ディスクが壊れたときに復元できません。

iPhone、iPad および iPod touch のバックアップを iTunes で作成/削除する – Apple サポート

おわりに

私は、iPad AirとiPhone 6 Plusを使っています。iPadには、あまりデータが入っていません。そこで、iPadのバックアップはiCloudでとり、iPhoneのバックアップはiTunesでとっています。

iCloudは無料の範囲にまだ余裕があります。しかし、iPhoneのバックアップまでiCloudでとると、無料の範囲では容量が不足します。

iPadには人に見られて困るデータは入っていません。また、DropboxやEvernoteなど、ほかのクラウドサービスにもデータが保存されているデータだけしかありません。iPadは、iCloudのバックアップがなくても復旧は可能ですが、復旧時間を短縮するためにバックアップをとっています。

iPhoneのバックアップはWindowsパソコンのiTunesを使っています。Cドライブは余裕をもって大きくとり、ディスクのバックアップはミラーリングしたディスクにとっています。

それでも火事などでは、クラウドに保存してあるデータ以外は失われてしまいます。iPhoneが残っていればiPhone内のデータは残るので、そこは割り切って考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ