ポータブルルータ使用時はiPhoneのモバイルデータ通信をオフにすべし

 BUFFALOのポータブルルータ(DWR-PG)でBIGLOBE 3Gを使いはじめたことは、先日ブログに書きました。

手持ちのルータ(BUFFALO DWR-PG)でBIGLOBE 3Gを使いました

 外出時は、ポータブルルータとiPhoneを持って出かけるようになりましたが、はじめはiPhoneの設定を変えずに使っていました。ポータブルルータは電池消耗防止のため、こまめに電源制御を行っています。そのため、しばらく通信をしていないとスタンバイモードになります。スタンバイモードから通常モードに移行するときは、少し時間がかかります。これを避けるために、ソフトバンクの3Gデータ通信ができるところでは、それを使おうとしてiPhoneの設定はそのままにしていました。

 すると、たいへん使い勝手が悪いことがおきました。駅のホームなどでiPhoneを使おうとする時、ポータブルルータはスタンバイモードに入っているため、iPhoneはソフトバンクの電波が通じる場所では、ソフトバンクの3G回線で通信をしようとします。ところが、ソフトバンクの3G回線は、たとえ電波が5本立っているところでも、通信がほとんどできないところがたくさんあります。もともとそのためにポータブルルータを持ち歩くようにしました。iPhoneは、ソフトバンクの3G回線で通信をしようとしているため、いつまでたってもWi-Fi通信をしようとしません。そのため、ポータブルルータもスタンバイモードから通常モードに変わりません。iPhoneは通信できない状態が続きます。

 そこで、iPhoneのモバイルデータ通信をオフにしました。やり方は、次の通りです。

$オヤジのための快適ITライフ-iPhone設定画面

 このように設定しておくと、ソフトバンクの電波は届いているが、データ通信はほとんどできない場所でも、iPhoneははじめからWi-Fiにつなごうとして、ポータブルルータはスタンバイモードから通常モードに変わります。iPhoneは速やかにデータ通信ができるようになります。

 ポータブルルータを持っているときは、iPhoneのモバイルデータ通信はオフにしておく方が使いやすいです。なお、この設定では、MMSの通信もできないことにご注意ください。MMSに大事なメッセージが届く方は、時々確認が必要です。プッシュ通知もなくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ