iPhone5sとiPhone5cの発表で考えたこと

iPhone5C,5S

 iPhone5sとiPhone5cの新しいiPhoneが発表されました。新しいiPhoneについての情報は、以前からネットに流れていました。おそらく、Appleが意図的に流したリーク情報だと思います。予定通り正式に9月10日に発表されました。

 まず、iPhone5cですが、iPhone5とほぼ同じスペックで安価になりました。なるべく安くスマートフォンを使いたい人にはお薦めの製品です。色も5種類あり、形も丸みをおびています。

 iPhone5sは、iPhone5よりも高速になりました。指紋認証もできます。カメラの画素数が800万画素でレンズが明るくなりました。フラッシュも変わりました。色も変わり3色になりました。しかし、現在iPhone5を使っている私にとっては、あまり魅力的ではありません。iPhone5の速度に不満はありません。

 指紋認証は精度が気になります。なかなか認証されずにいらいらしたくはありません。他の人でも認証されてしまっては、意味がありません。他の人で認証されないか、チェックするのは面倒です。

 カメラは良くなりますが、現状でも特に不満はありません。色はおまけみたいなものです。

 私は、現在auでiPhone5を使っていますが、不満は電波の到達範囲とパケ詰まりです。地下の店に入ると、電波の届かないところがかなりあります。ターミナル駅などでは、電波が届いていてもデータ通信がほとんどできないことがよくあります。

 おそらくiPhone5が使える2.1GHzのLTEサービスがオーバーフローしているのだと思いますが、KDDIは詳細を明らかにしていません。実人口カバー率の過大表示問題と同様に不誠実な対応です。はじめからわかっていれば、auにはしていませんでした。今回、KDDIの手がけている800MHz帯の周波数にiPhone5sとiPhone5cが対応しましたが、iPhone5で使えるわけではありません。

 ドコモのガラケーも持ち歩いていますが、ドコモの電波の到達範囲は魅力的です。ドコモのクロッシィは、他社のLTEと比較して遅いという話もありますが、動画を見なければ3G回線の速度がでれば十分です。

 MNP割引とiPhone5からiPhone5sへのアップグレード割引の内容によっては、ドコモのiPhone5sへの乗換はありえると思っています。iPhone5が発売されたときも、最初はiPhone4Sから乗り換えるつもりはありませんでした。テザリングのサービスを開始すると聞き、ドコモの無線ルータを解約して乗り換えました。

 いつでもMNPができるように、通信会社のメールアドレスは限定的にしか使っていません。アップグレードは、MNPを使ったほうが安くできます。通信各社がどのようなサービスをいくらで提供することになるのか、発表を待っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ