iOS8ファーストインプレッション

iOS8

iOS8がリリースされました。私も、iPhone 5とiPad Airにインストールしました。

インストールの準備

インストール作業の前にはバックアップが必須です。バックアップの方法は2種類あります。

iCloudにバックアップ

iCloudへのバックアップは、次の手順で行います。

  1. Wi-Fiに接続
  2. 「設定」→「iCloud」を選択
  3. 「ストレージとバックアップ」を選択
  4. 「いますぐパックアップを作成」を選択

iTunesでバックアップ

パソコンのiTunesを使ってバックアップを行います。

  1. iPhoneをパソコンに接続
  2. iTunesの右上にある「iPhone」タブを選択
  3. 「概要」を選択
  4. 「手動でバックアップ/復元」の「今すぐバックアップ」を選択

インストール作業

インストール作業は、単体でWi-Fi経由で行いました。

iOS7までは、USBケーブルでパソコンにつなぎ、iTunesを使ってやっていました。iOS7の時はエラーが出ました。バックアップから復元し、再実行してうまくいきましたが、その後のマイナーアップデートでも同様のエラーが出ました。

iOS7アップデートトラブル顛末記

そこで、あるときから単体でWi-Fi経由でやるようにしました。するとエラーが出ませんでした。それ以来、アップデートは、単体・Wi-Fi経由で行っています。

インストール作業は、何のトラブルもなく、iPhone 5もiPad Airも1時間ぐらいで終わりました。

アップデート後の気づきと所感

iOS8の外見は、iOS7とほとんど変わりません。操作感は、iPhone 5では、心もち重くなったように感じます。

「ヒント」というアプリがiPhone 5にもiPad Airにもインストールされました。実行すると、iOS8の新しい機能を紹介してくれます。

「ヘルスケア」がiPhone 5だけにインストールされました。

「アップデート」を開くと、おそらくiOS8用にアップデートされたアプリが見つかります。まとめて、アップデートしました。そのとき、iPhoneでは、「ファミリー共有」の設定ができます。

「カメラ」では、「タイムラプス」の撮影ができます。

少しいじった限りでは、バグらしきものは見つかりません。

しかし、絶対に動いてくれなくては困るというアプリを使っている人は、評価環境で評価後にアップデートしなければ危険です。

私のように、iPhoneやiPadで使えないアプリがあっても大きな影響がないという人は、アップデートすればいいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ