日本プロ野球界のあきれたルール

 日本のプロ野球には、ドラフトで指名された選手が大リーグに行った場合、日本に戻っても高校生の場合で3年間、大学生と社会人の場合で2年間、ドラフトで指名できないというルールがあります。日本のプロ野球界が、球団の誘いを断って大リーグにチャレンジした選手を閉め出す身勝手なルールです。

 選手にとっては、世界最高のプレーヤーが集まる大リーグに挑戦したいということは、当然のことです。観客にとっても、一流の選手のプレーを見たいということは当然のことです。

 日本プロ野球のこのルールは、選手や観客を無視した、日本プロ野球のことしか考えていない、非常に身勝手なものです。一流の選手は大リーグに行き、日本からも大リーグの試合を見られる世の中になっています。その流れに逆らい、選手や観客の利益を無視した日本プロ野球は、近いうちに選手からも観客からも見放されることになると思います。

photo credit: Werner Kunz via photopin cc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ