誰でも一度は必要な「自分の棚卸」

自分

自分が何に向いているかを考えるとき、自分の棚卸をします。

学生が、どのような仕事につくか、どの会社に勤めるかを決めるときにも有効です。

自分でビジネスを始めて起業しようというときには、他社と差別化するために、自分の強みを見つけることが大切です。

人生の目標がわからなくなったとき、これからどうしたら良いかと思い悩んだときも、自分の棚卸をしてみることです。

いくつかの方法があり表現が異なりますが、どれもだいたい同じ方法です。

ゆっくりできる時間と場所を確保し、紙とペンを用意します。

好きなこと

まず、好きなことです。

今好きなことだけでなく、子供の時から考えて、好きだったこと、夢中になったことを書き出していきます。趣味でも、遊びでも、ゲームでも、スポーツでも、なんでもかまいません。

誰でも、寝食を忘れるぐらい夢中になったことがいくつかあると思います。

思いつくまま100個ぐらい書き出してみましょう。

得意なこと

次は、得意なことです。

これも子供の時に得意だったことも含めて書き出していきます。

学校の成績が良かった科目、強かったゲーム、スポーツ、うまかった遊びなどあると思います。

ほめられた仕事や成功したプロジェクトなどもあります。

誰とでも仲良くなれるとか、誰からも好かれるといった人間関係もあります。

子供の時から、得意なことなどなかったと考える人もいるかもしれません。

そういう人はストレングス・ファインダーをお勧めします。

ストレングス・ファインダーとは、強みを見つけるツールです。詳しくは、『自分の強みを見つけるツール|ストレングス・ファインダー』をご覧ください。

ストレングス・ファインダーで上位に出てきた資質は、得意なことのはずです。

やりたいこと

3番目は、やりたいことです。

これも、今やりたいことだけでなく、子供の時やりたかったことも含めて考えます。

やりたいことなど何もないと考える人もいるかもしれません。

人間関係や費用や時間の制限がまったくないとしたら、何をしたいかという観点でも考えます。

そのとき、無意識のうちに、自分にはできないと、限界を作ってしまうことには注意が必要です。

あなたが万能のスーパーマンであれば、何をしたいかと考えることもいいかもしれません。

需要があること

仕事やビジネスを始めるときに自分の棚卸をするときは、需要のあることが重要な要素です。

市場がないことで、ビジネスを始めてもうまくいきません。ビジネスを始めるとき、需要があることは最も重要なことになります。

ただし、需要があるかどうかは、始めてみないとわからないこともあります。

おわりに

好きなこと、得意なこと、やりたいことを考えるときは、頭の中で考えるだけでなく、紙に書き出すことが大切です。

紙に書き出すことにより、それを忘れて新しいことを考えられます。

また、後から客観的に見直すこともできます。

自分ひとりで考えて行き詰ったら、誰かと相談しながら考えることも良いことです。お互いに質問しながら考えると、ひとりでは思いつかなかったことも浮かんできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。