Windows 10にアップグレードしてGoogle Chromeがクラッシュした原因

トラブル

先日、Windows 8.1のパソコンをWindows 10にアップグレードしました。すると、Google Chromeのタブが頻繁にクラッシュするようになりました。

現象

Google Chromeが突然固まり、「ページが応答しません」というポップアップを表示します。「強制終了」をクリックし、「フィードバックを送信」をクリックすると、「タブのクラッシュに関するフィードバック」を送る画面になります。

クラッシュしたタブを閉じた後、別のタブで右クリックし「閉じたタブを開く」を選択するか、「Ctrl + Shift + T」を押すと、タブは再び開き正常に戻ります。

原因調査

最初は、Google Chromeの拡張機能を疑いました。

しかし、Google Chromeの拡張機能をすべて削除しても現象は変わりません。「設定のリセット」をしても同じです。

ネットで検索しても、Windows 10でGoogle Chromeのタブがクラッシュするという情報は見つかりません。

何か、あまり使われていない他のソフトが絡んでいると思いました。

Google Chromeヘルプで、OSは分かりませんが、「RapportでChromeがクラッシュするから何とかしてくれ」という要求に、「Rapportは他社が開発したソフトだから対応できない」という回答があるのを見つけました。

Rapport(ラポート)とは、インターネットバンキングを狙ったウィルスを検知・駆除するPC用ウィルス対策ソフトです。IBMにより開発・提供されています。

無料ウィルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」 | 三菱東京UFJ銀行

私は、これを三菱東京UFJ銀行のサイトからダウンロードして、インストールしていました。

三菱東京UFJ銀行でインターネットバンキングを利用していると、インストールするように盛んに催促されます。

最初にインストールしたのは、以前使用していたWindows Vistaのパソコンでした。Rapport(ラポート)をインストールすると動作が遅くなるので、新しく買い替えたパソコンにはしばらくインストールしていませんでした。

何回もインストールを催促されるのと、パソコンの性能も大幅にアップしているので、新しいパソコンにもインストールして使っていました。

Rapport(ラポート)の『カスタマーサポート』のページを見ると、「最新バージョンへのアップデート Chrome 50, Firefox 46はWindowsにサポートされています。」と書かれています。

私の使っているGoogle Chromeは最新のバージョン 50.0.2661.94m(64-bit)になっています。

もしかしたら、Rapport(ラポート)が最新バージョンでないかもしれないと思い、最新バージョンへアップデートしてみました。

サポートしているWindowsと思われる表示に、Windows 10が含まれているところと、含まれてないところがあります。

最新バージョンにアップデートしても変わりませんでした。突然「ページが応答しません」になります。

他のブラウザでは、自動的に保護の対象になるらしいのに、Google Chromeだけは拡張機能のインストール作業が必要でした。それに気づき、拡張機能のインストールをやっても現象は変わりません。

Google Chromeか、Rapport(ラポート)のどちらかの使用をやめるしかないと思いました。

そこで、Rapport(ラポート)をアンインストールしようとしたのですが、そこも一苦労でした。コントロールパネルのプログラムを見ても、「Rapport」というプログラムはありません。

検索して調べた結果、「Trusteerエンドポイント保護」という名前のプログラムであることがわかりました。

「Trusteerエンドポイント保護」をアンインストールするときには、その理由を聞いてきました。チャットでやりとりする画面もありましたが、英語であったこともあり、いまさらやりとりする気はありませんでした。

また、「Trusteerエンドポイント保護」をアンインストールしただけでは、Google Chromeに拡張機能が残っていました。Google Chromeの拡張機能も別途手動で削除しました。

こうしてやっとGoogle Chromeがもとのように使えるようになりました。

【関連記事】

Windows 10 を使い始めて困ったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ