WordPressにおけるカテゴリーとタグのつけ方

 ブログをWordPressに移行して、新しいものにタグがあります。よく似たものにカテゴリーがありますので、ここで整理しておきます。

 カテゴリーは、アメブロですとテーマにあたります。アメブロのときは、記事を投稿するときに、あまり考えずにテーマを直観で決めていました。

 はじめは、アメブロのテーマをWordPressのカテゴリーにして、タグはキーワードを後からつけていけば良いと考えていました。ところが、同じ言葉がカテゴリーにもタグにも出てきて、ある記事のカテゴリーとしている言葉が、別の記事ではタグとなっていることもあり、統一が取れなくなってきました。そこで、カテゴリーにする言葉とタグにする言葉を整理することにしました。

 まず、WordPressにおけるカテゴリーとタグには次の違いがあります。

カテゴリー
 言葉に親子関係を定義し、階層構造を持たせることができます。

タグ
 階層構造を持たせることはできません。タグクラウドとして、ウィジェットに表示するときは、記事数の多いタグほど大きな文字で表示されます。また、プラグインで関連記事を表示させるときには、タグをはじめとして、記事の内容やタイトルを元に関連性の高い記事を自動表示してくれます。

 そこで、カテゴリーとタグの使い分けを次のようにすることにしました。

カテゴリー
 どちらかというと抽象的な概念を持った言葉をカテゴリーに使います。

タグ
 具体的なキーワードをタグとして使います。

 過去の記事のカテゴリーとタグについては、少しずつ修正していく予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ