「All in ONE SEO」を使いながら、OGPのエラーを消す方法

Facebook

このブログでは、プラグイン「All in ONE SEO Pack」を使っています。使っている理由は、ネット上で評判がいいからです。

しかし、OGPの設定がうまくできません。その対処をしました。

「All in ONE SEO Pack」とは

「All in ONE SEO Pack」では、次のことができます。

  • メタ要素の設定
  • OGPとTwitterカードの設定
  • XML Sitemapの設定

メタ要素を設定すると、検索結果にタイトルと概要文が表示されます。

OGPを設定すると、FacebookにURLを投稿したときに、自動的に画像と概要文が表示されます。そのため、より人の目にとまります。

Twitterカードを設定すると、TwitterにURLを投稿したとき画像を表示します。人の目を引きやすくなります。

XML Sitemapを設定すると、検索エンジンに対して、サイトの更新情報を伝え、クローラーの巡回を促します。

不具合内容

ところが、OGPの設定がうまくいきません。

デバッガー – 開発者向けFacebook』で確認するとエラーが出ます。

「Warnings That Should Be Fixed」として次のエラーがでます。

「Extraneous Property」で「Objects of this type do not allow properties named ‘article:publisher’.」と「Objects of this type do not allow properties named ‘article:published_time’.」と「Objects of this type do not allow properties named ‘article:modified_time’.」

「Parser Mismatched Metadata」で「The parser’s result for this metadata did not match the input metadata. Likely, this was caused by the data being ordered in an unexpected way, multiple values being given for a property only expecting a… See More」

これらは、警告エラーであり、最初の3つは修正すべき点もわかるので、まだましです。

次のエラーは赤枠で囲まれ、注意すべきエラーのようです。

fb:app_id hasn’t been included in the meta tags. Specify the app ID so that stories shared to Facebook will be properly attributed to the app. Alternatively, app_id can be set in url when open the share dialog. Otherwise, the default app id( 966242223397117 ) will be assigned.

「fb:app_id」を指定していないというエラーです。

対処方法

ところが、「All in ONE SEO Pack」には、「fb:app_id」を指定する場所がありません。

そこで、「All in ONE SEO Pack」でOGPを指定することをあきらめました。

WordPressの管理画面の左に「All in One SEO」という項目があります。そこの「Feature Manager」をクリックします。

そこで、右側の「Social Meta」を非活性の状態に戻します。「Deactivate」と表示されていれば、そこをクリックします。すると青い図がモノクロの図に変わります。下の図は、非活性にした状態の図です。

All_in_One_SEO

OGPもTwitterカードも非活性化されるので、注意が必要です。

このブログでは、WordPressのテーマとしてSimplicityを使っているため、SimplicityでOGPの指定とTwitterカードの指定をしました。

その後、デバッガーで確認するとエラーはすべて消えました。

そのため、しばらくこの状態で使ってみるつもりです。

おわりに

FacebookのOGPは、しばしば仕様が変わります。Facebookにリンクを投稿しても、突然、画像や概要文が表示されなくなる時があります。

個人アカウントのタイムラインとFacebookページとで、画像の表示のされ方が異なるときもあります。やり直すとうまくいくときもあります。非常に不安定です。

経験的に、デバッガーでエラーが出なければ、安定して表示されるようです。

Facebookでの表示がおかしくなったら、デバッガーでチェックをして、エラーが出たら対応するしかないようです。不適切なエラーメッセージが多いことも難点です。

デバッガーの使い方は次のエントリーを参考にしてください。

FacebookのOGP情報を確認するデバッガーの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ