インストール型WordPressとWordPress.comの違い

WordPress
WordPress Schwag by Peregrino Will Reign

WordPressには2種類あります。レンタルサーバを借りてWordPressをインストールして使う方法と、レンタルブログであるWordPress.comを使う方法です。

違いを調べてみましたので、まとめておきます。

インストール型WordPress

自分でレンタルサーバを借りてWordPressをインストールする方法です。

レンタルサーバの費用が掛かります。安いレンタルサーバですと月額250円からあります。私はエックスサーバーを月額1,080円で使っています。3年以上使っていますが、トラブルは一度もありません。

WordPressのインストールを自分でやらなければなりませんが、多くのレンタルサーバ会社では簡単にインストールできる機能を設けています。パソコンを使える人であれば、WordPressのインストールで苦労することはないと思います。

初心者が苦労するのは、テーマを使うところです。テーマをカスタマイズするには、HTMLやCSS、PHPなどの知識が必要になります。しかし、ここはWordPress.comでも同じです。

インストール型WordPressのメリットは、WordPressの機能をすべて使えることです。すべての機能を自由に使うことができます。

レンタルブログ(WordPress.com)

WordPress.comではサーバの費用は掛かりません。インストール作業も不要です。サーバの管理もありません。そのため、無料でブログを作ることができます。

そのかわり、ソフトやデータベースの管理権限、FTPやシェルのアクセス権が与えられません。テーマやプラグインをアップロードすることもできません。JavaScriptやCSSの追加・変更も制限されています。

WordPress.comには、有料のアップグレードがあります。無料の基本機能も随時、機能アップされていますが、有料で価格が高いほど機能が豊富になります。

WordPress.com Plans | WordPress.com Store

この比較表から、主な項目だけを抜き出しました。

項目 Free Premium Business
価格 0円/生涯 11,800円/年 35,800円/年
独自ドメイン 不可 可能 可能
広告 あり なし なし
Google Analytics なし なし あり

有料にすると、独自ドメインを使え、広告が表示されません。Google AnalyticsはBusinessだけが使えます。

すると本格的にブログをやろうとする人は、Businessを選択し、35,800円/年払うことになります。私の使っているエックスサーバーは1,080円/月であり、12,960円/年です。3倍近い価格です。

まとめ

独自ドメインで本格的にブログをやる人は、Google Analyticsも使います。すると、かなり高額なレンタルサーバ並みの費用が掛かります。それでも制限は存在します。

WordPress.comはブログを無料で始める時の選択肢のひとつにはなります。しかし、ブログを本格的にやろうという人にとって、WordPress.comの選択肢はありえません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ