WPtouch の更新で WP Super Cache の設定変更が必要

WordPress Logo by Phil Oakley

WordPressのプラグイン WPtouch の更新通知が表示されたので、バージョン 3.8.1 に更新しました。

WPtouch とは、スマートフォン用の画面を自動的に作成するプラグインです。Googleがモバイルフレンドリーなページの掲載順位を上げるとアナウンスしてから、特に重要なプラグインとなりました。このプラグインを入れるだけで、ほとんどのページはモバイルフレンドリーになります。

この WPtouch を最新バージョンにアップデートしたところ、スマートフォン用の画面が表示されなくなりました。

WPtouch をアップデートすると同時に、WordPressの管理画面に警告メッセージがでました。WPtouch とキャッシュ用プラグインの関係で不具合が起きるということでした。詳しくは、Configuring cache plugins for WPtouch : WPtouchを見ろとのことでした。

このブログでは、WP Super Cache の最新バージョン 1.4.4 を使っています。

WP Super Cache の項目を見ると、英語版 WP Super Cache の説明は、バージョンが古いようです。英語の説明と日本語の最新バージョンの画面が対応していません。

プラグイン

あちこち探し回った結果、「プラグイン」タブの下のほうに、「WPTouch」の項目を見つけました。

WPTouch

この設定を「無効」から「有効」に変え、「更新」ボタンを押しました。しかし、何も変化しません。

英語の説明をよく読むと、「Advanced tab」の「Mobile Device Support」を選択し、「Update Status」をクリックしろと書いてあります。「Advanced tab」を「Rejected User Agents」までスクロールダウンし、モバイル機器のリスト(英語の説明の下にありました)を張り付けて、「Save UA Strings」をクリックしろとのことです。

WP Super Cache の設定から該当部分を探しました。

詳細

「詳細」タブの下のほうに「除外するユーザーエージェント」という項目を見つけました。ここにモバイル機器のリストを張り付けて「UA文字列を保存」をクリックしました。

除外するユーザーエージェント

ここで、警告メッセージが消え、iPhoneでスマートフォン用の画面が表示するようになりました。

最後に「コンテンツ」タブの「期限切れキャッシュを削除」と「キャッシュを削除」をクリックしました。

コンテンツ

キャッシュを削除

警告メッセージが消え、スマートフォン用の画面も表示されるようになったので、しばらくようすをみたいと思います。

【2015年7月22日追記】

WPtouch バージョン 3.8.1 では、キャッシュを削除した直後はスマートフォン用画面を表示しますが、しばらくするとパソコン用画面しか表示しなくなってしまいました。バージョン 3.8.2 で正常にスマートフォン用画面を表示するようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ