LINE BLOGのとんでもない利用規約に注意!

絶句

LINE BLOGが一般ユーザーにもブログの開設を開放したそうです。

【LINE BLOG】著名人向けブログサービス「LINE BLOG」、本日より一般ユーザーもブログを開設可能に | LINE Corporation | ニュース

LINE BLOGは、芸能人や有名人をアメブロから引き抜いていることで話題になっていました。

それを一般ユーザーにも開放するということです。芸能人や有名人の好きな人が、もしかしたら交流ができるかもしれないと期待すると思います。

LINE絵文字や30種類のWebフォントを用意するなど、ミーハーな人が好みそうな機能もあります。

スマホアプリからしか投稿できないようですが、しっかりした文章をキーボードから投稿する人は対象外ということでしょう。

しかし、その利用規約を見ると恐ろしいことが書かれています。

著作人格権の不行使

LINE BLOGに投稿した記事、写真、イラストなどは、LINEが勝手に広告や宣伝に使えます。どんなに話題になっても、それを自分が書いたものと主張することはできません。それどころか、勝手に改変されて使われてしまいます。

利用規約の第5条に次のようにあります。

第5条(本件コンテンツの権利及び取扱い)

1.お客様は、当社に対して、本件コンテンツを本サービスの提供、広告・宣伝及び利用促進の目的の範囲内で利用することを無償で許諾する(当社に対する著作者人格権の不行使を含みます。)ものとします。

引用元:利用規約 – LINE BLOG

LINE BLOGに投稿したコンテンツは、LINE BLOGの広告・宣伝などのために無償で使うことを許すことになります。

ここまでは、誰でもわかると思います。

これには著作人格権の不行使と含むとあります。

著作人格権がわからない人が多いと思います。

著作人格権とは、著作物が自分のものだと主張する権利です。また、著作物を公表するかどうかを決定する権利です。さらに、著作物を勝手に改変されない権利も含みます。

この著作人格権は売買することができません。著作物にもとから備わっている権利だからです。あなたが書いた文章やイラストについて、あなたが書いたという権利を売買できないということです。

ところが、それでは不便なことがあります。お金を払ってイラストを描いてもらい、そのイラストを変更することも含め、いろいろな目的で使いたい時です。

そこで、お金をもらってイラストなどを描いたときに、著作人格権の不行使ということが求められます。いちいち描いた人の承諾を得ずに、改変などもして、好きに使いためです。

イラストを描いた側からすると、そのイラストは自分が描いたと主張する権利を放棄することになります。また、勝手に改変することを認めることになります。

自分が描いたとさえ言えないとは不合理です。そのため、著作人格権の不行使については、無効だという学説もあります。

同じことをLINE BLOGに投稿した記事や写真、イラストにも認めるということです。

LINE BLOGに投稿した文章やイラスト、写真などは、すべてLINEが勝手に宣伝に使えることになります。どんな使われ方をしても文句はいえません。どんなに賞賛を集めても、もとはあなたのものだとも言えません。

アカウントとコンテンツの削除

LINE BLOGは、1年間更新しないとアカウントもコンテンツも削除される可能性があります。

利用規約第4条に次のとおり書かれています。

第4条(本件アカウント)

2.お客様が本件アカウントを削除する場合、本件コンテンツも本サービス上から同時に削除されます。お客様が誤って本件アカウントを削除された場合であっても、本件アカウント復旧はできませんのでご注意ください。
3.当社は、最終のアクセスから1年以上経過している本件アカウントを、あらかじめお客様に通知することなく削除することができます。

引用元:利用規約 – LINE BLOG

ブログの長所はコンテンツが残ることです。一度作成したコンテンツは、削除しない限り、世界中からアクセス可能です。

ところがLINE BLOGではコンテンツが残りません。1年間更新しないだけで、勝手にアカウントもコンテンツも削除されてしまうかもしれません。

まとめ

LINE BLOGは、自分のコンテンツを大切に思う人は使ってはいけません。

芸能人や有名人との交流を期待する人だけ使えばいいサービスです。

なお、同様の利用規約は無料のブログサービスでは珍しくありません。仕事では無料のブログサービスを使うべきではありません。

【2016年11月17日追記】

LINE BLOG利用規約第4条3項は、本日、削除されました。以下の部分です。

3.当社は、最終のアクセスから1年以上経過している本件アカウントを、あらかじめお客様に通知することなく削除することができます。

【2016年11月18日追記】

LINE BLOGの中の人から反論がありました。

LINE BLOGの反論はクリエイターの気持ちがわかっていない

【関連記事】

livedoorの利用規約は最悪!著作権をすべて放棄することになる

アメブロでブログを書いている人はすぐにやめるべし ? アメブロの常識外の利用規約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ