誰が買うのか? Kindle Oasis

Kindle_Oasis

Amazonが新しいKindle端末を発表しました。

Kindle Oasis – 最薄・最軽量。革新的なデザイン

各モデルの比較

今回発表されたKindle Oasisを入れて、Kindle端末には次の4種類があります。

Kindle Kindle
Paperwhite
Kindle
Voyage
Kindle
Oasis
価格 8,980円 14,280円 23,980円 35,980円
内臓ライト なし LED 4個 LED 6個 LED 10個
ページめくり
ボタン
なし なし あり あり
解像度 167ppi 300ppi 300ppi 300ppi
バッテリー内臓
カバー
なし なし なし あり
重量
(WiFiモデル)
191g 205g 180g 131g
(カバー未装着時)
サイズ
(mm)
169×119×10.2 169×117×9.1 162×115×7.6 143×122×3.4-8.5

少しづつスペックが異なる4つのモデルがあるわけです。

その中で今回発表されたKindle Oasisは最上位モデルです。内臓ライトが増え明るさの均一性が向上しています。バッテリー内臓カバーが付きました。その分重くなるはずですが、カバー未装着時は最も軽くなっています。

特徴的なのは、その形状です。左右で厚さが異なり、厚い方を持つことにより持ちやすくなります。右手でも左手でも持てるように、向きにより自動的に画面が反転します。

しかし、価格は一番安いモデルの4倍です。

Paperwhiteディスプレイの欠点

Paperwhiteディスプレイを使ったKindle端末の欠点は、モノクロであることと動作が遅いことです。

モノクロであるため、写真やイラストの色などがわかりません。ページめくりの動作も液晶ディスプレイよりも遅くなります。

Kindle Oasisでもこの欠点は解消されません。

Kindleに最も適した端末

Kindleの中には、固定ページのものがあります。

小さい画面で、固定ページのKindleを見ると、非常に小さくなります。いちいち画面を拡大して見るのは面倒です。

そのため、固定ページの本はKindleで読むには向いていません。読むとしても、できるだけ大きな画面が必要です。

また、全体をパラパラと眺めるには、ページめくりが早く無ければなりません。数ページをいっぺんにめくるとどうしても遅くなります。

固定ページの本はKindleに向いていませんが、それでも読むならば、大きく高速の画面が必要です。初代のiPad Proのようなタブレットが最適です。

マーケティングの失敗

Kindle Oasisがターゲットとしているのは、どのようなユーザーでしょうか? Amazonは、どのような人がKindle Oasisを買うと考えたのでしょうか?

ターゲットユーザーを明確にすることはマーケティングの基本ですが、Amazonはターゲットをあまり考えていません。

単に使いやすく性能の良いモデルを高い価格で発表しただけです。

Kindle Oasisは、Kindleユーザーが不便に感じていることを何も解決していません。この価格ではヒットすることはないと思います。

【関連記事】

Kindleで読もうとするとめちゃ大変な本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。