Kindleで読もうとするとめちゃ大変な本

電子書籍

Kindleのおかげで本の保管スペースが減りました。保管スペースがいらないことは、電子書籍の最大のメリットです。

特にマンガは便利です。まとめて読もうとするとかなりのボリュームになります。紙の本しかなかったときは、まとめて買って、読んだ後はまとめて売っていました。売ってしまうと、後から見ることができません。

しかし、Kindleにはまだ大きな欠点があります。Kindleで買ってはいけない本があります。

後から参照する本

後からしばしば参照する本は、Kindleで買ってはいけません。技術書などがそれに当たります。

紙の本であれば、このあたりに書いてあったとパッと開くことができます。目次や索引を見て、そこから開くのも簡単です。

ところがKindleではそうはいきません。特にPaperwhiteでは、目次を表示するだけでも大変です。このあたりと勘で開くこともできません。

iPhoneやiPadでは少しましになりますが、それでもパラパラと見つけたいところを探すことは難しくなります。

ブラウジングする速度の差が、大きな影響を与えています。

さらに、紙の本では、このあたりと手が厚さで覚えています。Kindleでは、バーで表示された全体の割合になります。この使い勝手の違いが克服できません。

目次からリンクを張っていない本

目次からリンクを張っていないKindle本があります。これは、絶対に買ってはいけません。固定ページの大型本によくあります。

本の中を探すことができません。

固定ページの大型本

大型本を固定ページでKindleにしたものには、他にも欠点があります。小さな画面でページ全体を見ると文字も図も写真も小さくなります。

拡大には手間がかかります。

iPad Proで見れば、この欠点が解消される可能性があります。しかし、固定ページの大型本は目次にリンクが張られていないことがよくあり、大型本を読むためにだけiPad Proを買うのにはためらいがあります。

まとめ

後からしばしば参照する本、目次からリンクを張っていない本、大型本は、Kindleで買ってはいけない本です。

目次からリンクを張っているかどうかは、無料サンプルをダウンロードすれば分かることがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ