Kindle出版のためのGoogleドライブを使った電子書籍データ作成方法

 AmazonのKindleストアでは、誰でも無料で電子書籍を登録し、販売できます。そのためには、電子書籍を所定のデータ形式にしなければなりません。

1.kindleのデータ形式

 データ形式は、次の4種類とされています。

(1)Word(docまたはdocx)

 日本語の本は、まだ試験的に受け付けているだけです。エラーになることが多いようです。

(2)HTML

 Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)の推奨形式となっています。

(3)ePub

 電子書籍の国際標準フォーマットです。作成のためのフリーのツールもあります。

(4)XMDF

 シャープが提唱している電子書籍技術およびフォーマットの名称です。電子書籍の出版にあたっては、規格の利用料をシャープに支払う必要があります。

2.電子書籍データの作成

 現在のところ、HTMLかePubがよさそうです。無料で使え、WindowsでもMacでも使えるところから、Googleドライブを使い、HTMLで出力するという方法で、手始めに電子書籍データを作ってみました。手順は以下のとおりです。なお、文章はあらかじめテキストエディタで作っておきました。

(1)Googleドライブにログイン

 ブラウザから自分のGoogleアカウントでGoogleドライブにログインします。最初は、左上の「作成」から「文書」を選択します。

 作成したファイルはクラウド上に自動保存されます。左上の「無題ドキュメント」をクリックするとファイル名の設定ができます。

(2)ページ設定

 ページの余白があると小さく表示されますので、ページの余白をゼロに設定します。「ファイル」→「ページ設定…」と選択し、余白をすべてゼロに設定します。余白以外はそのままで結構です。

ページ設定

(3)原稿をコピー

 あらかじめ用意してあった原稿をコピーしました。

(4)見出しの設定

 見出しの設定機能を使用して、見出しを設定しました。見出しとする文字を選択し、「標準テキスト」や「見出し1~6」のところから設定します。あらかじめ考えておけば、機械的な作業になります。

(5)目次の作成

 目次作成機能を使用して、見出しから目次を自動的に作成します。目次を入れたい場所にカーソルを移動し、「挿入」→「目次」と選択すると、自動的に見出しから目次が作成されます。

(6)改頁の挿入

 章ごとに改頁させるために、各章の終わりに改頁を挿入しました。改頁したい場所にカーソルを移動し、「挿入」→「改頁」と選択します。

(7)図の挿入

 図の挿入機能を利用して、図を挿入します。図を挿入したい場所にカーソルを移動し、「挿入」→「画像…」を選択して、画像をドラッグするかボタンから選択します。

画像の挿入

(8)リンクの挿入

 リンクの挿入機能を利用して、自分のブログのリンクを挿入しました。リンクを設定したい文字列を選択し、上のメニューの「リンクを挿入」か、右クリックメニューから「リンク…」を選択します。「リンク用のURL」に対象となるURLを入力します。

リンクを編集

(9)内部リンクの設定

 内部リンクを設定する機能があるので、使ってみました。設定方法は、次のようになります。

a.内部リンクの飛び先にしたい行をクリック

b.「挿入」→「ブックマーク」を選択

c.内部リンクを設定したい文字列を選択

d.上のメニューの「リンクを挿入」か、右クリックメニューから「リンク…」を選択

e.「ブックマーク」をクリックし、飛び先のブックマークを選択

内部リンク

(10)HTMLの圧縮形式で出力

 「ファイル」→「形式を指定してダウンロード」→「ウェブページ(.html、zip圧縮)」を選択します。

3.感想

 Googoleドライブは動作も軽快で、見出しを設定すると文字の大きさや改行ピッチが変わり読みやすくなります。直接、Googleドライブで原稿を作成しても良いと思いました。ただし、インターネットへの接続環境が必要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ