kindleを使った感想と気づいた点

電子書籍で読書

 kindle Paperwhiteを買って、何冊か電子書籍を読みました。これまで使った感想と気づいた点をまとめておきます。

1.kindle Paperwhiteの反応は遅い

 私は、電子書籍を読むのは、初めてではありません。iPhone3GSのときから、iPhoneで読んでいました。しかし、画面が小さくあまり読む気にはなりませんでした。また、電子書籍として売られていた本も限られていたため、電子書籍を読むためにiPadを買う気にはなりませんでした。

 日本のアマゾンでkindleストアがオープンし、自分が読みたいと思う本も電子書籍として売られるようになってきたため、電子書籍専用機器として、kindle Paperwhiteを購入しました。

 kindle Paperwhiteを使って気づくのは、iPhoneでkindleアプリを使うよりもレスポンス速度が遅いことです。kindle Paperwhiteでは、画面の遷移は、画面をタップして行います。画面をタップして次の画面に変わるまでの時間が気になります。画面が一瞬白黒反転することがあるのも気になります。

 画面の遷移は、iPhoneのkindleアプリのようにスワイプできるほうが自然です。E-inkスクリーンの性能改善に期待したいところです。

2.iPhoneのkindleアプリでkindleストアにアクセスできなくなった。

 以前は、iPhoneのkindleアプリからkindleストアにアクセスして、電子書籍をダウンロードできました。私は、英語の本を数冊ダウンロードしていました。ところが、日本のアマゾンでkindleストアがオープンしてからでしょうか、iPhoneのkindleアプリからは、kindleストアにアクセスできません。

 iPhoneのkindleアプリではkindleストアに直接アクセスできず、ブラウザでkindleストアにアクセスして購入した本が、iPhoneでダウンロードできるようになります。

 私は、iPhoneアプリをいろいろ試し、以前はkindleストアからダウンロードできたのに、できなくなったことに気づくまで、だいぶ時間がかかりました。

 kindle Paperwhiteは、直接kindleストアにアクセスして、電子書籍を購入し、ダウンロードできます。kindle Paperwhiteで購入した電子書籍は、iPhoneのkindleアプリでもダウンロードできるようになります。

3.iPhoneのkindleアプリで以前ダウンロードした本は消えてしまった

 kindle Paperwhiteかブラウザで日本のkindleストアに接続し、そこで購入した電子書籍が、iPhoneのkindleアプリでダウンロードできるようになります。しかし、以前にダウンロードした英語の電子書籍は消えてしまいました。

 幸い、無料のものばかりであり、日本のkindleストアから再度ダウンロードすることは可能でしょうから、実害はありませんでした。有料の電子書籍が再度無料でダウンロードできるかどうかは、購入していないため確認していません。

4.kindle for Macintosh

 MacintoshのApp Storeからkindle for Macintoshがダウンロードできたため、Macbook Pro Retinaディスプレイにインストールしました。すると、以前、iPhoneにダウンロードした英語の電子書籍が表示され、ダウンロードできました。

 kindle Paperwhiteで購入した電子書籍はダウンロードされません。私は、てっきりiPhoneと同じように、kindle Paperwhiteで購入した電子書籍が読めると思っていましたので、なぜこのようになるのかわかりませんでした。

 そこで気づいたのは、kindle for Macintoshは、日本ではまだサポートされていないということです。そのために、米国のkindleストアとしか接続できず、以前iPhoneでダウンロードした電子書籍がダウンロードできる状態なのだと思います。

5.kindle for PC

 Windows8用のkindleアプリもありますが、日本語環境には対応していないようで、試しにインストールしようとしましたが、インストールさえできませんでした。

まとめ

 電子書籍は、まだまだ発展途上です。E-inkスクリーンは、レスポンスと解像度に難があります。iPad miniのRetina版が出れば満足できるのではないかと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ