プレゼンテーション、3+αのコツ

 プレゼンテーションのコツをまとめました。

1.目的を明確にする

 何をするにも目的を明確にしなければいけません。そうしないと、ムダなことをすることになりかねません。プレゼンテーションの目的としては、自社の商品を売る、自分の考えを理解してもらう、聴衆に知識を得てもらう、などいろいろなものがあり得ます。

2.聴衆を確認する

 プレゼンテーションを聞く人は、どのような予備知識をもっているかを確認します。あわせて、どのような情報を持っているかを推測するために年齢、性別、職業なども確認します。

3.制約事項を確認する

 時間、場所、使える道具などの制限事項を確認します。

 プレゼンテーションのテクニックや資料の見栄えに凝る前に、以上の3点を確認することが大切です。この3点を確認してから、プレゼンテーションの内容を考えます。

 プレゼンテーションの内容を考えるときの重要な要素はSUCCESです。SUCCESSとは、Simple、Unexpected、Concrete、Credentialed、Emotional、Storyの頭文字で、『アイデアの力』で詳しく説明されています。

 プレゼンテーションを実施するときには、経験がものをいいます。経験を補完するものとしては、練習がありますが、どれほど練習しても実際に大勢の前でプレゼンテーションを行うときは緊張します。経験により、この緊張状態に慣れていきます。緊張しながらもリラックスして、普段以上の力を発揮してプレゼンテーションを行えるようになります。

 スポーツの試合と似たような気がします。十分に準備して、本番に臨めば、準備が自信となって、落ち着けます。堂々とプレゼンテーションを行っている自分を想像するというような、スポーツで取り入れらているメンタルトレーニングが役に立つかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ