私がiPhone5を予約した理由

 iPhone5を手にした人のブログも多くなってきました。私は、9月21日に銀座アップルストアでさわってきました。感想は、多くの人が言っているように、軽い、早いです。現在iPhone4Sを使っていますが、体感的に差はすぐにわかりました。

 画面は、メニュー一段分長くなっていますが、本体は8ミリしか長くなっておらず、長すぎるという感じはしませんでした。iOS6へのアプリの対応も順調に進んでいるようです。毎日たくさんのアプリがバージョンアップされています。

 iPhone5の早さは魅力的です。しかし、softbankの回線はだいぶ整備されてきたとはいえ、まだまだ遅く、通じないところも多くあります。本体だけ早くなっても回線が遅くては、あまり意味がありません。それに加えて、softbankのLTEのサービス範囲の狭さも報道されています。iPhone5にするならば、auに変更することを考えています。

 テザリングも魅力的です。現在、それほど頻度は高くありませんが、外出時にFOMA回線のポータブル無線ルータを使って、Macbook Pro Retinaの通信を行っています。softbankの電波の届かないところでは、FOMA回線のポータブル無線ルータをiPhoneの通信用にも使っています。auの電波の届く範囲が十分であれば、FOMA回線を解約できます。

 来年iPhone5Sが今年のiPhone5と同価格、同条件で発売されると仮定した場合、現時点でauにMNPで乗り換える場合と来年乗り換える場合の費用比較をしてみます。2012年12月31日までの申し込みであれば、auのテザリング費用は2年間無料ですから、次の計算式が今年乗り換えた方が得になる費用とみることができます。

(auの2年間テザリング料金)+(FOMA回線解約で削減できる料金)-(softbankの月月割残月分)-(softbank契約解除料金)

 計算すると8ヶ月以上FOMAの代わりにiPhone5のテザリングを使えば、今年乗り換えた方が得ということになります。

 現在、FOMA回線のポータブル無線ルータを使っているところで、auの電波が届くかというリスクはありますが、これは、実際に試してみないとわかりません。

 以上のように考えて、auにiPhone5を申し込んで来ました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ