Facebookをやめる?それは設定で避けられます。

怒り

Facebookをやめたくなった人の話を聞くことがあります。しかし、よく聞いてみるとやめる必要はなく、設定を変えるだけですむ場合も少なくありません。

Facebookをやめたくなる理由別にFacebookの設定をどのように変えればよいかをまとめました。

Facebookに振り回されたくない

Facebookに振り回され、時間をたくさん取られるという人です。

Facebookを見る時間を少なくすればすみます。

Facebookの友達が増えてくれば、全員の投稿を読むことなどできません。それならば、見る投稿をしぼることです。

投稿を見たい人だけのリストを作ります。そして、そのリストだけを見るようにします。

Facebookグループの投稿も見たいならば、リストとそのグループだけを見ます。

ニュースフィードに表示される投稿は読まずに、自分が読みたい人とグループの投稿だけを読むようにします。

そうすれば、Facebookに取られる時間を短くすることができます。

リストの作り方

Facebookの仕様はしばしば変わります。現在のリストの作り方です。

  1. ブラウザの左メニューから、「友達」をクリックします
  2. 「+リストを作成」をクリックします

投稿を見たくない人がいる

同じような投稿ばかりをたくさんする人がいて、その人の投稿でニュースフィードが埋まってしまい、いやだという場合です。

友達なのでブロックをせずに、投稿がニュースフィードに表示されないようにするための方法です。

そんなときは、フォローをやめればすみます。フォローをやめても相手には伝わりません。友達とは別に管理されているため、Facebook友達のままでいることができます。

フォローのはずし方

  1. 友達の名前をクリックして、友達のタイムラインを表示させます
  2. 「フォロー中」をクリックして、チェックをはずします

Facebookからの通知がわずらわしい

Facebookで何かあるたびに音がしたり、震えたりするのでわずらわしいという人です。

中にはこのような理由で、Facebookをやめたいと考える人もいます。

Facebookアプリの通知を変更すればすむことです。

通知の変更方法

iOS 7.1.2では、「設定」→「通知センター」と選択し、Facebookアプリの「通知センターに表示」と「ロック画面に表示」をオフにします。

Android 4.4.4では、「設定」→「アプリ」→「Facebook」で「通知を表示」のチェックをはずします。

まとめ

Facebookをやめたい人の理由には、人間関係に疲れたというものもありますが、スマホやFacebookの設定を知らないためのことも多くあります。

必要に応じて設定を変え、楽しくFacebookを使っていきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ