Appleの落日

Apple_Watch

iPad Air 2とiPac mini 3を発表し、Yosemiteをリリースするなど、新製品を続けて発表しているAppleですが、大丈夫かと思わせるニュースも増えています。

下請け企業がAppleを訴える

日本の中小企業が訴えたアップルの“横暴”の内幕|Close-Up Enterprise|ダイヤモンド・オンライン

アップルの1次サプライヤーとして、知る人ぞ知る日本の中小企業がアップルを訴えた。サムスン電子のようにビジネスの競合相手としてではなく、パートナーである1次サプライヤーという立場で訴訟の“反旗”を翻したのは、世界でも異例の事件だ。それも、全世界にまで影響が波及するインパクトをはらんでいるのだ。

Appleに、電源アダプタのコネクタ部分などに使われる「ポゴピン」というピンを供給している会社が、Appleを訴えました。Appleの不当な要求にがまんがならないということです。

裁判の結果がどのようになるかわかりませんが、結果次第ではAppleに大きな影響を与える可能性もあります。

Apple Pay

Apple渾身の決済サービス「Apple Pay」でバグ多発&二重課金も発生 – GIGAZINE

Apple Payで二重課金を含むバグが多発しました。お金を扱うサービスでは高い信頼性が要求されます。二重課金などは論外です。

これは、Appleはお金を扱うサービスを行うだけの信頼性を提供できないことを示したといえます。

Apple Payが、日本で普及することはないことは、『Apple Payが日本で普及することのない6つの理由』に書いたとおりです。

仮に、iPhoneがモバイルSuicaに対応したとしても、怖くて使えないのではないでしょうか?

新製品情報の漏えい

「iPad Air 2」と「iPad mini 3」は確定──Appleがユーザーガイドで一瞬表示 – ITmedia ニュース

iPad Air 2とiPad mini 3の情報が、発表前に漏えいしました。これも通常では考えられないミスです。

まとめ

このように、一つ一つを見ればそれほど大きな問題ではないようにも見えますが、これだけ続くと、やはり会社がおかしくなっていると考えるべきです。

スティーブ・ジョブズが復活して盛り返したAppleですが、ジョブズ亡きあとは坂を転げ落ちていくのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ