自動運転車で失業するのは運転手だけではない!

自動車

自動運転車が普及する未来は、現在の交通システムからは想像もできないものになります。

自動運転車の未来

車に乗って出かけようとするときは、スマホから出発予定時刻、行き先を入力します。すると自動運転車が時間になると家の前に迎えに来ます。あとは自動運転車に乗り込むだけです。目的地まで連れて行ってくれます。

自動運転車は共有のものになります。カーシェアリングと同じです。車の稼働率は飛躍的に上がります。

自動運転車は、普段はパーキングタワーにいるか、街中を巡回しています。必要に応じて呼び出されます。自動運転車の種類は1人乗り、2人乗り、4人乗りなど数種類用意されています。

パーキングタワーの位置、自動運転車の配置などは、ビッグデータにより、常に最適化されています。長時間待たされることは、めったにありません。

現在の駐車場は不要になります。個人宅、商業施設、公共施設など、すべての駐車場が不要になります。乗り降りのスペースだけが必要です。特に都市部では空間の有効活用が進みます。

交通事故は、自転車が引き起こすものが大多数になります。自動運転車はめったに交通事故を起こしません。

渋滞も大幅に少なくなります。渋滞しそうな場合は、予約時点で警告が入ります。自動運転車は最適の車間距離を維持し、最適の速度で走ります。

自動運転車は電気自動車になります。ほとんどの車はそれほど長距離を連続して走りません。連続走行距離が短いという電気自動車の欠点が目立たなくなります。充電する場所はパーキングタワーです。予約状況に応じて、充電の場所やタイミングも最適化されます。

自動運転車の未来になくなるもの

以上のことが実現すると、1人あたりの車の台数が減ります。駐車場のための空間が減ります。ガソリンスタンドが不要になります。

車を所有する人がいなくなりますからカーディーラーもなくなります。バスやタクシーもなくなります。排気ガスによる空気の汚染もなくなります。車の交通事故による死者もなくなります。

夢のような社会になります。

おわりに

私は、このような社会に20年ぐらいで移行すると思います。

最も抵抗するのは、車が好きな人、車の運転が好きな人です。車は完全な実用品になります。

自動運転車と人の運転する自動車が混在する時代には、交通事故を起こすのは人の運転する自動車ばかりになります。すると世の中は、自分で車を運転する人を白い目で見るようになります。

車はステータスシンボルから引きずりおろされます。車を運転する人は、自分の趣味のために他人を事故に巻き込むリスクを冒している人になります。

その結果、車の運転が好きな人は、専用のサーキットだけで運転を楽しむようになります。

現在の自動車メーカーはどこも完全自動運転車をめざしていません。ほとんどのメーカーはイノベーションのジレンマで消えていくことになります。現在の自動車関連産業は壊滅状態となります。

代わりに自動運転車の製造・保守を行うメーカー、その交通システムをコントロールするソフトウェアのメンテナンス企業、自動運転車を前提とした都市計画を担う企業などが栄えることになります。

さて、あなたは自動運転車の未来をどのように予想しますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ