iOS7で便利になったところ

 iPhone5でiOS7を使い始めて1週間以上になります。その間に気づいたiOS7で便利になったところをまとめました。

1.コントロールセンター

 コントロールセンターの最も便利なところは、どこからでも起動できることです。ロック解除前の画面からもできます。ホーム画面からでも、アプリの画面からでもできます。

コントロールセンター

 起動方法は、iPhoneの下の辺から上に指をスライドさせるだけです。

 コントロールセンターからは、次のことができます。

  • 機内モードのオン・オフ
  • Wi-Fiのオン・オフ
  • Bluetoothのオン・オフ
  • おやすみモードのオン・オフ
  • 画面縦向きのロックのオン・オフ
  • 明るさの調整
  • iPodの再生、頭出し、音量の調整
  • AirDropのオン・オフ
  • LEDライトのオン・オフ
  • 時計アプリの起動
  • 電卓の起動
  • カメラの起動

 特に機内モードのオン・オフとWi-Fiのオン・オフは頻繁に使うため、「設定」をホーム画面1枚目の左上に置いていました。iOS7では、コントロールセンターから行えるため、もはや「設定」を1枚目に置いておく理由がなくなりました。

 私は時計アプリもわりと使いますが、これも使いやすいところに置いておく必要がなくなりました。かわりに他のアプリを置けるわけで、コントロールセンターは、iPhoneの使い勝手を大きく改善しました。

2.アプリの終了とタスク切替

 ホームボタンを2回押すと起動中のアプリが表示されます。iOS7では動作中のサムネイル付きで表示されます。

マルチタスク

 右にスクロールできるところは、同じです。

マルチタスク

 アプリの終了は、サムネイルを上にはらいます。これは、最初わかりませんでした。iOS6のようにアイコンを長押ししてもなにも起きません。わかれば、長押しが不要な分、便利です。不要なアプリをどんどん終了できます。

 また、この画面はタスク切替に使えます。ホームボタンを2回押し、切り替えたいアプリのサムネイルをタップします。するとすぐにそのアプリが使えます。いちいちアプリを終了し、ホーム画面からアプリを選択し直す必要がありません。複数のアプリを交互に使うときなど特に便利です。iOSがマルチタスクで動いていることを実感できます。

3.カメラ

 iOS7からカメラアプリで連写ができるようになりました。シャッターを長押しするだけです。シャッターを押している間、連写を続けます。スポーツなどの動きのあるものを撮るときに使えます。

 これは、新しいiPhone5sの機能ではありません。iOS7の機能です。iPhone5でもiOS7にすることにより、カメラアプリの連写ができるようになります。

4.検索

 iOS6では、1枚目のホーム画面の左に検索の画面がありましたが、iOS7ではホーム画面を下に払うことで、検索画面を呼び出せます。何枚目のホーム画面からでもできるようになりましたので、頻繁に使う人には便利です。

検索

5.フォルダ

 フォルダは、iPhone5の場合4行4列の表示から、3行3列の表示に変わりました。その代わり、フォルダもホーム画面のように何面もアプリを置けるようになりました。合計135個まで置けるようです。

フォルダ

まとめ

 その他にAirDropなども増えていますが、まだ使っていません。アプリもiOS7にともなって変わるものがあります。

 Evernoteも大きく変わりましたが、最初のiOS7対応バージョンは、私の環境ではすべてのデータを表示することができませんでした。最近のアップデートで修正されました。

 重要な仕事にiPhoneを使っているならば、iOS7へのアップデートはもう少し待ったほうが良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ