ガラホがガラケーを駆逐する

ガラケーとスマホ

日経ビジネスオンラインが『ガラケーが消える日』という記事を掲載しました。

2020年度にはフィーチャーフォン(ガラケー)がゼロになり、市場のほぼ全量がスマホに――。

 先月、調査会社のシード・プランニングがこんな統計を発表した。直近の統計では、スマホとガラケーの割合はほぼ同じ。しかし、今後じわりじわりとスマホ市場が拡大し、2020年には新規端末契約数の中でガラケーはゼロになると言う。

これは、いまのガラケーがなくなり、ガラホがとってかわるという意味です。ガラホとは、ガラケーの形をしてはいますが、OSがAndroidなどスマホと同じものをいいます。

なぜガラホか?

ネットでは、ガラホに対する拒否反応も見られます。しかし、スマホのユーザーをガラホのユーザーにしようとは誰も考えていません。

キャリアは1世代前の3G回線を廃止し、LTEに移行しようと考えています。3G回線で使用している帯域をより高速の通信で使うためです。

ガラケーのメーカーも、ガラケーの製造をやめたいと思っているはずです。過当競争の結果、利益はほとんどでていません。おそらく、ドコモへの義理で製造を続けているだけです。

ガラケーはもはやユーザーがいるから販売しているだけで、キャリアもメーカーもやめたいと思っているはずです。そこで考え出されたのがガラホです。

ガラケーを使う理由

ガラケーがいまだに半分近くのシェアを占めているのは、電話とメールしか使わないユーザーがいるためです。

ガラケーには次のメリットがあります。

  1. 通信料が安い
  2. 長時間バッテリーが持つ
  3. 見なくても入力できる

スマホを使いこなせないからガラケーを使っている人もいますが、電話とメールしか必要としない人は、これらのメリットのためガラケーを使います。

ガラホの戦略

ガラホはガラケーの長所を踏襲して販売されるはずです。通信料と機器の価格はガラケーと同等、折り畳み式のキーボードもガラケーと同じにするでしょう。

Androidを使いながら小さい本体で、バッテリーの持ちをガラケーと同等にするのが一番難しいと思います。それも技術の進歩で解決するでしょう。

ガラケーの長所をすべて含んだガラホが発売されれば、ガラケーの販売をやめても文句をいう人はいません。こうして、キャリアもメーカーもガラケーをやめることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ