仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」普及の起爆剤となるサービスが登場か?

コイン

仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」が普及するきっかけとなりそうなサービスが登場しました。

Sneak Peek at Bitcoin’s upcoming killer app – Open Bazaar

仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」とは

仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」とは、文字通り仮想の通貨です。

一般に通貨の価値は国家が保証しています。ところが、ビットコインは誰も保証していません。しかし、信頼して取引に利用する人がいるため流通しています。通貨は信頼されているから流通することを証明しているともいえます。

ビットコインは、ネットワークにつながったコンピュータが正当性を常に検証しているデータです。世界中に散らばったコンピュータが正当性を検証しているため、データの偽造は不可能と言われています。

取引手数料が安く、データの偽造は不可能と思われることから、使う人がいます。

Open Bazaarとは

Open BazaarはP2P技術を使ったECサービスです。

P2P技術とは、中心となるサーバが存在しないネットワークで、対等の端末同士が通信する技術です。ファイル交換ソフトWinnyで使われて有名になりました。

Open Bazaarでは、売り手と買い手を直接つなげます。アプリをインストールしたパソコン通しで、P2Pネットワークを経由して商品の売買を行います。

商品やサービスを売りたい人がP2Pネットワーク上で買い手を募ります。買い手が見つかれば取引が成立します。

そこには、取り仕切る主催者はいません。売買手数料なしで直接取引ができます。

Open Bazaarではビットコインで支払うというルールが定められています。

ビットコインもOpen Bazaarも国家の監視を受けません。真に自由な市場が誕生しそうな感じはします。

Open Bazaarの懸案事項

Open Bazaarでは相手がどんな人かわかりません。ビットコインを支払っても商品が送られてこないかもしれません。商品を送っても支払われないかもしれません。

そのために、マルチシグエスクローという仕組みがあります。

What is OpenBazaar?

マルチシグとは、ビットコインの秘密鍵を複数に分割することです。鍵を3つに分散し、2つ以上を必要とする「2 of 3」が最も一般的です。3つの鍵のうち、2つがわからなければ、ビットコインを入手することができません。

エスクローとは、取引の安全性を保証する仲介サービスのことです。ネットオークションで使われています。

マルチシグエスクローを使った具体例は次のようになります。

本を買うとします。本を注文するために、1,000円をマルチシグに預けます。鍵は3つあり、1つはあなた、1つは取引相手、1つは仲介者が持ちます。つまり、誰も単独では1,000円分のビットコインを入手できません。

1,000円分のビットコインが預けられたことを確認したら、取引相手は本をあなたに送ります。本を受け取り問題がなければ、あなたは受け取ったことを宣言します。相手もそれに応じれば、2つの鍵を入手し1,000円分のビットコインを受け取れます。この場合、仲介者は何もしません。

もし、本を送ってこなかった場合は、あなたは仲介者に連絡し、第三者の視点で仲裁してもらいます。あなたの主張が認められれば、仲介者の鍵とあなたの鍵で、1,000円分のビットコインはあなたに戻ってきます。

本が汚れていた場合も仲介者が仲裁します。もし、事前に知らせていた許容範囲の汚れだという相手の主張が認められれば、仲介者と相手の鍵で、1,000円分のビットコインは相手に支払われます。

仲介者がかかわった場合には、仲介を依頼した売り手か買い手のどちらかが仲介手数料を支払います。

こんな流れです。

しかし、通常のオークションでも詐欺は行われています。Open Bazaarで詐欺にあうと厄介です。

詐欺罪で訴えるとしても、相手の特定は自分でやらなければなりません。P2Pネットワークで相手を特定することは、容易なことではありません。

Open Bazaarでの取引が盛んに行われるようになれば、お互いの評価が行われるようになります。そうすれば、少しは安心して取引ができるようになります。

しかし、初期の利用者はすべて自己責任で取引をしなければなりません。

それだけのリスクを負ってもなおOpen Bazaarを使うとすれば、普通ではなかなか手に入らないものがほしいときです。非合法品などです。

Open Bazaarは、薬物や武器など非合法品を売買する市場となる可能性があります。

すると警察はP2Pネットの監視を始めます。

また、Open Bazaarでの売買で得た利益を適切に申告しているかどうかが、問題になる可能性があります。課税当局もP2Pネットを監視し、脱税行為は摘発されます。

自由な市場といっても、警察や政府による監視が行われて初めてまともな市場になります。そこまでされるまで、利用者が増えるかどうかが問題です。

【2016年2月22日 マルチシグエスクローについて追記しました】

【2016年2月25日 仲介手数料について追記しました】

Chocolate Coins Mary Ann’s Chocolates Dessert March 23, 20114
by stevendepolo

【関連記事】

ビットコインについてのわかりやすい説明

ビットコインが貨幣として不適切な点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします。

会社勤めから起業するためのウェブ集客セミナー
会社勤めから起業するための7つのステップ